SPC Japanは、インドネシアで臭気の少ない炭化水素(ノルマルパラフィン)系洗浄剤の提案を推進する。これまでは欧米系製品との差別化策として、廉価グレードのパラフィンとナフテンの混合溶剤をメインとしてきたが、同国でも臭気への対応ニーズが高まっていることから、機能性重視とコスト重視の2品目を揃えて提案の幅を広げていく考え。ニーズに見合った提案でユーザーの選択肢を広げ、販路開拓に道筋をつける。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る