TPRは、金属溶湯脱成分(デアロイング)法によるナノポーラス材料の用途開拓を推進する。混合熱を利用した同製法は、酸・アルカリ水溶液に浸漬する従来法では難しい物質に適用できるのが特徴。東北大学金属材料研究所との協働によりポーラス炭素をはじめポーラスシリコンやポーラスFe・SUSといった多様な材料製造が可能になったことから技術提案を本格化する。同社では、得られる材料の特性から電極材料や触媒、フィルターといった用途分野を主に訴求していく。

シリコンやポーラスFe・SUSなど多様な材料製造が可能

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る