ニュージーランドの水処理ベンチャーのアクアフォルタス・テクノロジーズ(オークランド)は、市場規模約18兆円の産業排水処理市場に攻勢をかける。既存技術と比較し水処理コストを6割超削減できる技術を生かす。同社には素材・化学分野に特化したベンチャーキャピタルのユニバーサルマテリアルズインキュベーター(UMI)が出資を決めた。水処理企業への出資は初。日系企業と共同研究が進む可能性もあるという。続きは本紙で

パイロットプラントのイメージ図

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る