ZMPは、物流支援ロボット「CarriRo」(キャリロ)シリーズの技術をベースに製品化した無人フォークリフトの機能強化とラインアップ拡充を進める。今後、倉庫内のさまざまな状況下で位置情報を正確に把握できる機能を追加で実装するほか、床面に直接置いたパレットを持ち上げて運搬できるリーチフォークや高い場所に保管されたパレットに対応した背高タイプなどの投入も予定している。物流業界における人手不足が深刻化するなか、庫内荷役作業の自動化に貢献していく。続きは本紙で

倉庫内で荷物を積んだパレットを運ぶCarriRo Fork

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る