世界の化学品市場で中国の対抗馬になる目されるインド。将来への布石を打つべく、欧米各社はインドで積極的に投資を拡大している。エボニック インダストリーズはその一社で、買収や生産体制を強化するための投資を具体化している。今後の成長に向けて投資と戦略的パートナーを重視すると語る同社の現地法人エボニック インディアを率いるサンジブ・タネジャ プレジデント兼マネージングディレクターに聞いた。

 ―インド経済が好調です。
 「約7%の国内総生産(GDP)成長が見込まれている。事業領域により多少の上下はあるものの、GDPを2~3%上回る成長が目標だ。注力分野は、塗料・コーティング、自動車、建設、アニマルニュートリション、医薬など。これらの領域は、GDPを上回る事業成長を見込む分野だ」
 ―目標達成に向けた投資が欠かせません。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

 

インタビューの最新記事もっと見る