GROUND(東京都江東区)は、物流・流通に特化したロボットソリューションの研究開発(R&D)体制を強化する。2019年春をめどにR&D拠点「playGROUND」(千葉県市川市)を移転・拡張。現在、移転先を絞り込んでおり、現状約100平方㍍の施設面積を約3300平方㍍へ大幅な拡大を見込む。自動車の自動運転技術を応用した作業者とロボットの協働を可能とする次世代型物流ロボットの開発も進め、19年度内の市場展開を目指す。ロボット関連技術の研究開発・実用化を加速し、高度化する物流ニーズや人手不足などへの対応を図る。

作業者とロボットの協働を可能とする自律型協働ロボ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る