699-2

¥1,500(税別)

在庫有り

著者
坂口大陸/著(みずほ証券)
出版社
化学工業日報社
発行日
2018年6月21日発売
サイズ
B6判 約220頁
ISBN
978-4-87326-699-2

本書の概要

米国のトランプ政権による保護主義政策など、日本の自動車産業にとって不透明感が増している一方で、電気自動車、自動運転、安全性技術などの技術革新はとどまることなく、それを支える部品・材料など、自動車関連産業の重要性はますます高まっています。本書では、自動車産業全体の把握、情報の集め方、各企業・各国の動きなどを念頭に、業界の基礎知識から主要銘柄の分析までをやさしく解説します。

目  次

第1章 自動車産業を知る
  日本の自動車産業の概要/世界の自動車市場の動向/グローバル化が進む日本の自動車産業/
  日本の自動車業界の特徴/世界でも存在感を示す日系自動車部品メーカー/自動車を構成する
  各種部品を知る/タイヤ産業の概要

第2章 株式市場における自動車部品業界と株価の見方
  株式市場における自動車部品業界の位置付け/株価が動く理由とは/業績動向を把握する/
  自動車部品メーカーの業績と株価への影響の考え方/中長期視点では構造変化への対応が
  必須/バリュエ ーション(株価指標)

第3章 情報の集め方
  インターネットを通じて投資に必要な情報を得る/新車販売台数や生産台数は基本となる
  データ/業界団体のホームページからも様々な情報が得られる/各種展示会に参加しよう/
  マスコミ情報も利用/タイヤ業界の情報/各社のホームページで製品や特徴を知る

第4章 自動車部品業界のトピックス
  自動車産業は変革期にある/電動化が加速へ/既存製品における環境対応/ADAS/
  自動運転/完成車メーカーからのアウトソースの流れ/自動車の作り方の変革
  (モジュール化)と部品共通化

第5章 主要銘柄の紹介
  トヨタ紡織/ダイキョーニシカワ/ユニプレス/東プレ/パイオラックス/ニッパツ/
  豊田自動織機/サ ンデンホールディングス/大豊工業/デンソー/スタンレー電気/
  東海理化/武蔵精密工業/日信工業/ 曙ブレーキ工業/タチエス/NOK/フタバ産業/
  市光工業/大同メタル工業/プレス工業/太平洋工業 /ケーヒン/河西工業/
  アイシン精機/ショーワ/小糸製作所/エクセディ/豊田合成/愛三工業/日本精機/
  ヨロズ/エフ・シー・シー/テイ・エス テック/ニフコ/カルソニックカンセイ/
  横浜ゴム/東洋ゴム工業/ブリヂストン/住友ゴム工業