日本タルクは、欧州へ本格進出する。3月1日に営業拠点としてフランスに駐在事務所を新設した。まず周辺域に工場を構える化粧品・医薬品メーカーを中心に、国内で加工された高機能タルクを売り込み、採用拡大を図る。企業のニーズに合わせて機能を付与したタルクの開発も進め、シェア拡大を図る。今後、樹脂用途への参入も視野に入れており、3年後に現地での扱い高を現状の5倍に増やしたい考え。


日本タルクの欧州駐在事務所



つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る