コラム

  • エントロピーの法則
    9/6
     コーヒーにミルクをたらしただけでは均一に混ざることはない。氷を常温下で放置すれば溶けてしまい、元の形へ自然と戻ることはない。宇宙の森羅万象は、無秩序が増大する..
  • 【社説】改正バーゼル法施行後の廃プラ輸出
    9/6
     今年1月の改正バーゼル法施行で先行きが不安視されていた使用ずみプラスチックの輸出に健全さが戻っている。貿易統計によると、1月には2万5000トン台だったが、2..
  • 【社説】循環炭素社会へ木質資源CNFに期待
    9/3
     気候変動対策は、2020年から適用が始まった国際的な枠組み「パリ協定」をはじめ、世界規模でさまざまな取り組みが進んでいる。日本においても、50年までに温暖化ガ..
  • 財源求め課税ルール見直し
    9/3
     新型コロナウイルスの感染拡大によって懸念されているのが財政悪化。経済活動の停滞による歳入減少に加えて医療体制の整備、各種の財政支援で支出が増加した。国際通貨基..
  • 【社説】事務連絡が示すコロナ対応の転換
    9/2
     新型コロナウイルスの感染症法上の扱いを巡る議論が高まるなか、分類は変えずに、実質的にデング熱などの「4類」やインフルエンザなどの「5類」相当の対応を可能にする..
  • 五輪とコロナのひと夏の思い出
    9/2
     小中学校の2学期が始まる時期、今年はコロナ感染再拡大に対応して夏休みの延長や分散登校、さらに登校した生徒と同じ授業をオンラインでも受けられるハイブリッド授業が..
  • 【社説】東南ア経済回復のカギ握るワクチン
    9/1
     東南アジアの経済に暗雲が漂い始めた。今年4~6月のGDP(国内総生産)伸び率は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きかった昨年の反動によりプラス成長に転じ、..
  • 悲観と楽観
    9/1
     ミルクの壺の縁を跳んでいた2匹の蛙が、誤って壺の中へ落ちてしまう。1匹は「もうダメだ」と嘆き、何もせず溺れてしまう。もう1匹は何とかしようと脚をばたつかせてい..
  • 【社説】より良き企業市民めざした取り組み
    8/31
     企業市民としての責任を全うするために、環境に配慮した事業活動は必要不可欠である。二酸化炭素の排出量を削減したり、廃棄物を原料として活用する多くの企業の取り組み..
  • パラリンピックとワクチン接種と(精留塔)
    8/31
     相手の立場に立ってモノを考えることができるか。できるようで、なかなか難しい。実際に同じ立場になってみなければ、本当のところは分からない。そんなことを思うのは、..
  • 【社説】本格回復の遅れ懸念も着実な施策を
    8/30
     化学企業の業績はコロナ禍から立ち直り、成長軌道を確保したようにもみられる。自動車や半導体関連の好調に加え、製品市況の好転を受けて4~6月期に過去最高業績を更新..
  • 開発に本腰を入れる地熱発電
    8/30
     国は地熱発電の開発を積極的に進め、2030年度には現在の3倍150万キロワットを目指すという。国立公園内などに適地を見つける調査を本格化する。この時点で国の総..
  • 【社説】事業再編の好循環が根付くのを期待
    8/27
     化学企業の事業ポートフォリオの再編が進んでいる。日本の化学企業のM&Aとして過去最高の約9600億円を投じ、2020年に日立化成(現昭和電工マテリアルズ)を買..
  • 千葉の隠れた名産みりん
    8/27
     わが地元、千葉県の名産品といえば醤油、落花生がすぐ思い浮かぶが、調味料の「みりん」もそうだったとは知らなかった。日本の年間生産量は約9万3000キロリットルで..
  • 【社説】地域の特色あるバイオ産業をめざせ
    8/26
     内閣府は「バイオ戦略2020」に掲げた重要施策「地域バイオコミュニティ」に、北海道、鶴岡、長岡、福岡の4地域を初めて認定した。国が実施する施策の優先的な適用や..
  • ゴミ収集とコミュニケーション
    8/26
     ゴミ出しで頭を悩ませることは多い。分別では燃えるゴミか資源ゴミか、空き缶は潰すのかそのままか、また袋は指定のものか、半透明でなく透明かなど、自治体ごとにルール..
  • 【社説】業績の上方修正相次ぐ関西化学各社
    8/25
     化学業界の業績回復が鮮明となるなか、関西の化学関連企業が2022年3月期の業績予想を相次ぎ上方修正している。自動車や半導体向けの製品需要増加とともに、製品市況..
  • 「蜘蛛の糸」を連想することばかりの昨今
    8/25
     見ているその最中に、この映像は生涯忘れることはないだろうと思う事件や事故というのが誰にでもあるはずだ。タリバンが政権を掌握したアフガニスタンから国外への脱出を..
  • 【社説】世界的活況みせる化学業界のM&A
    8/24
     世界経済はコロナ禍からの回復過程にあるが、化学業界ではM&A(合併・買収)が活況を呈している。今年はこれまでに、取引額が日本円で5000億円に達する大型案件も..
  • フォロワーからの脱却
    8/24
     かの有名なフィリップ・コトラーによれば、企業がとるべき戦略は、市場での競争地位によって変わる。コトラーの理論をさらに推し進めた嶋口モデルでは、業界トップの「リ..