経営

  • 化学大手8社3月期、コロナの影響重く 下期...
    5/18
     化学大手8社の2020年3月期決算は、信越化学工業を除く7社が減収減益だった。米中貿易摩擦などで世界経済が停滞し自動車や半導体など主要顧客産業が低迷するなか、..
  • 日化協・淡輪会長 安全操業に万全期す マス...
    5/18
     日本化学工業協会の淡輪敏会長(三井化学会長)は15日、オンラインで記者会見した。新型コロナウイルスの感染拡大に関して「化学産業として現時点で最も重要な課題は、..
  • 5月15日発表 化学関連企業決算
    5/15
    ◆日産化学  日産化学の2020年3月期決算は売上高、各段階利益とも過去最高を更新した。機能性材料、農業化学品の両部門が好調を維持し、化学品、医薬品の両部門の不..
  • 住友化学・三井化学 10年先見据え目標設定...
    5/15
     住友化学と三井化学は、それぞれ2030年を見据えた長期計画の策定に入った。住友化学は昨年、総額約4000億円に上る2件のM&A(合併・買収)を実施し、成長投資..
  • 宇部興産 今期営業益23%減へ 車素材など...
    5/15
     宇部興産は2021年3月期の営業利益が前期比23・6%減の260億円になりそうだと発表した。自動車向け素材など化学部門を中心に第2四半期頃まで新型コロナウイル..
  • タイ大手化学1~3月期 全社が減収減益
    5/15
     タイ大手化学の2020年1~3月期決算は、揃って減収減益となった。新型コロナウイルス感染拡大による景気低迷で業績が悪化した。包装や衛生材料は堅調に推移している..
  • 5月14日発表 化学関連企業決算速報
    5/14
    ◆カネカ  カネカの2020年3月期決算は利益面が大幅に減少した。カ性ソーダの収益悪化などで、売上高比率が全体の4割と多いマテリアル部門の落ち込みが大きかった。..
  • 【HP先行公開】三井化学、松風・サンメディ...
    5/14
     三井化学は14日、歯科材料事業を強化するため、一部出資する松風および連結子会社サンメディカルとの業務・資本提携を強化すると発表した。第三者割当増資により松風に..
  • 【HP先行公開】三井化学、アークを完全子会...
    5/14
     三井化学は14日、連結子会社のアークを8月1日をめどに完全子会社化すると発表した。アークはエンジンを除く自動車のすべての構造部材をデザイン・設計できる開発能力..
  • 5月13日発表 化学関連企業決算速報
    5/13
    ◆KHネオケム  KHネオケムは13日、2020年12月期の営業利益が前期比32%減の65億円にとどまりそうだと発表した。従来予想から25億円下方修正し、減益幅..
  • 東洋紡 今期営業益200億円維持
    5/13
     東洋紡はこのほど、電話会議による決算会見を開催した。新型コロナウイルスの収束が見通せず、2021年3月期業績予想は未定としたが、楢原誠慈社長は「マイナスを厳し..
  • 5月12日発表 化学関連企業決算速報
    5/12
    ◆大陽日酸  大陽日酸の2020年3月期決算(国際会計基準)は純利益が前期比29・2%増の533億円だった。米国事業は製造業の生産活動が底堅く産業ガスの出荷が前..
  • 新人研修 新たな形手探り オンラインで双方...
    5/12
     在宅でも新入社員との距離感大事に-。新型コロナウイルス対策の外出自粛要請を受けて、オフィスへの出勤を制限する企業が増えている。こうした中で企業の悩みのタネとな..
  • ジンコソーラー 太陽光発電、世界首位堅持へ
    5/12
     【上海=但田洋平】太陽光パネル世界最大手のジンコソーラーが、新型コロナウイルスの影響からいち早く立ち直り、生産、販売体制を回復している。2020年の世界の太陽..
  • 新型コロナ 決算発表も混乱
    5/11
     新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、化学企業の決算日程や会見方法の変更が相次いでいる。4日に緊急事態宣言が延長されたが、それ以前に変更を決めた企業が多いもの..
  • コロナとの長期戦見据え 化学企業、手元資金...
    5/8
     新型コロナウイルスの影響が広がるなか、化学企業は不測の事態への備えを厚くしている。コロナ以前から世界的に景気後退の局面にあったが、コロナによって大恐慌以来の不..
  • タイSCG 投資額を下方修正
    5/7
     タイのサイアムセメントグループ(SCG)は、2020年度の投資計画を見直す。新型コロナウイルス感染のまん延で世界的な経済停滞が深刻化しているため、設備投資案件..
  • 第一三共 コロナの影響「限定的」 業績予想...
    4/30
     第一三共の眞鍋淳社長は、このほど開いた2019年度決算説明会で新型コロナウイルスによる事業への影響は、現状「限定的」との見方を示した。収束時期が不透明なことか..
  • 積水化学3月期 コロナで92億円減益
    4/28
     積水化学工業の2020年3月期決算は、新型コロナウイルスの影響として92億円減益(営業利益)を計上した。中国からの部材納入が遅れた住宅事業と、自動車産業の低迷..
  • デュポン 20年業績予想を取り下げ
    4/22
     デュポンは2020年の業績予想を取り下げた。新型コロナウイルスの感染拡大を背景にして自動車、石油・ガスなどの分野の需要不振が背景。一方で安全・建築部門などが好..