cmcre03-3

¥70,000(税別)

在庫有り

著者
平野 康雄
出版社
株式会社シーエムシー・リサーチ
発行日
2021年6月4日
サイズ
A4判・並製・127頁
ISBN
978-4-910581-03-3

本書の概要

[刊行にあたって]

 CFRPは航空宇宙、自動車、風力発電、圧力容器分野を中心に市場拡大が進んできた。
 航空宇宙分野では、旅客機および貨物機の納入機数が2018年まで8年連続で増加してきたのに続き、今後約20年間で就航機数は倍増するとの期待が寄せられていた。これに伴い、CFRPは製造機数の増加に加え、燃費向上ニーズに対応してますますその採用が増えると期待されていた。しかし、COVID-19パンデミックにより環境は一変し、民間航空分野は危機的な状況に陥った。
 自動車、風力発電、圧力容器分野もCOVID-19の影響を大きく受けている。
一方で、CFRPが採用されてきた理由でもある燃費向上・CO2削減ニーズの継続に加え、カーボンニュートラルの考えがますます具体化されるにつれて、再生可能エネルギーやクリーンエネルギー利用の潮流がさらに強くなり、風力発電、水素ガス利用の社会的要請に対応するCFRPの採用増が進む環境が整ってきている。
 さらに、空飛ぶクルマのような新しいCFRP市場も具体化に向けて進んでいる。
 また、量産乗用車へのCFRP採用が視野に入ってきた現在、CFRPのリサイクルの重要性が強く求められるにようになってきている。
 このような状況に対応する、CFRPの需要家・サプライチェーンの動向をまとめた。

[目  次]

第1章 はじめに
1. 新型コロナウイルス感染症の影響
2. CFRPを取り巻く環境
 2.1 風力発電
 2.2 航空宇宙
 2.3 自動車
 2.4 土木建築
 2.5 圧力容器
 2.6 スポーツ・レジャー
 2.7 電線
 2.8 海底油田
 2.9 船舶
 2.10 コンポジットロール
 2.11 医療機器
3. ニュースリリース
参考文献

第2章 CFRP業界の動向
1. 素材メーカー(炭素繊維)
 1.1 生産能力
 1.2 2020年度の業績変化
 1.3 ニュースリリース
2. 素材メーカー(プラスチック)
 2.1 熱硬化性樹脂
  2.1.1 エポキシ樹脂
   ① Dow Automotive Systems(スイス)
   ② Hexion(米)
   ③ Hexcel(米)
   ④ Sicomin(仏)
   ⑤ Entropy Resins(米)
   ⑥ Huntsman(米)
  2.1.2 ビニルエステル樹脂
  2.1.3 フェノール樹脂
  2.1.4 シアネートエステル樹脂
  2.1.5 ビスマレイミド樹脂
  2.1.6 ポリイミド樹脂
  2.1.7 ベンゾオキサジン樹脂
  2.1.8 フタロニトリル樹脂
 2.2 熱可塑性樹脂
  2.2.1 ポリアミド
  2.2.2 ポリフェニレンサルファイド(PPS)
  2.2.3 ポリエーテルスルホン(PES)
  2.2.4 ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)
  2.2.5 ポリエーテルイミド(PEI)
  2.2.6 ポリエーテルケトンケトン(PEKK)
3. 中間材料メーカー
 3.1 熱硬化性プラスチック系SMC
 3.2 熱硬化性プラスチック系プリプレグ
  ① Toray Advanced Composites(米)
  ② Hexcel(米)
  ③ Solvay(仏)
  ④ Renegade Materials Corp(米)
 3.3 熱可塑性プラスチック系プリプレグ(テープ)
 3.4 その他
  ① Cevotec(独)のFPP(Fiber Patch Placement)プロセス
  ② NAWA Technologies(仏)のNAWAStitch(VACNTフィルム:垂直配向カーボンナノチューブフィルム)
 3.5 ニュースリリース
4. 成形・加工メーカー
 4.1 成形法と中間基材
 4.2 可変軸複合材料
  4.2.1 連続繊維三次元造形法(Continuous Fiber Printing:CFP)
  4.2.2 Tailored Fiber Placement(TFP)
  4.2.3 Automated Fiber Placement(AFP)
 4.3 ニュースリリース
参考文献

第3章 CFRP需要分野の動向
1. 自動車
 1.1 環境
  1.1.1 温室効果ガス排出量の削減
  1.1.2 燃費規制・CO2排出規制
  1.1.3 EV化を推進するための支援策
 1.2 自動車業界の対応
 1.3 CFRPに関連する動
  1.3.1 車両構造
  1.3.2 バッテリー
   ① TRB Lightweight Structures(英)
   ② SGL Carbon社(独)
   ③ SHD Composites(英)
   ④ Continental Structural Plastics(米)
 1.4 ニュースリリース
2. 航空宇宙
 2.1 民間航空機
  2.1.1 ボーイング
  2.1.2 エアバス
  2.1.3 エンブラエル(Embraer)(ブラジル)
 2.2 防衛
  2.2.1 ボーイング
 2.3 技術開発動向
 2.4 水素を動力源とする航空機
 2.5 ニュースリリース
3. エネルギー
 3.1 風力発電
  3.1.1 風力発電機メーカー
  3.1.2 風力発電機の構造とCFRPの採用
  3.1.3 ローター直径と発電容量
  3.1.4 CFRPスパーキャップ
参考文献

第4章 トピックス
1. 熱可塑性樹脂(CFRTP)
2. 自動車・運輸
 2.1 燃料電池車(FCV)
  2.1.1 燃料電池
  2.1.2 水素タンク
 2.2 持ち運べるクルマ
 2.3 鉄道
 2.4 ニュースリリース
3. 航空宇宙・防衛(空飛ぶクルマ)
 3.1 はじめに
 3.2 機体の開発状況
 3.3 主要参入企業
  ① Beta Technologies
  ② Joby Aviation
  ③ Volocopter
  ④ Ehang216
  ⑤ Lilium
  ⑥ SkyDrive(SD-XX SkyDriveコンセプトモデル)
  ⑦ Pipistrel(Nuuva V300)
  ⑧ Wisk(ボーイング社とキティホーク社の合弁会社)
 3.4 許認可・標準化の動向
 3.5 日本での実用化検討状況
 3.6 ニュースリリース
4. 風力エネルギー
5. 建設・インフラ
6. タンク(圧力容器)
 6.1 水素用圧力容器に関連する動き
  ① Universal Hydrogen
  ② SpaceTech4Sea(航空宇宙技術を海上で使用できるように改良するプロジェクト)
  ③ Cimarron Composites(米)
 6.2 LNG用圧力容器に関連する動き
 6.3 ニュースリリース
7. 海洋・船舶
8. 電気・電子製品
9. 医療
 9.1 医療機器
 9.2 福祉・介護機器
 9.3 ニュースリリース
10. スポーツ・レジャー
参考文献

第5章 リサイクル
1. 初めに
2. CFRPのリサイクル
3. ニュースリリース
参考文献

第6章 まとめと今後の課題