日本精工は、自動車用途で世界最高の回転速度を実現したモーター用大型軸受けを開発した。新製品は回転で発生する大きな遠心力に対応するため、保持器用材料に自動車用で初めて炭素繊維で強化したPEEK樹脂を採用。また、設計の最適化や寸法安定性に優れる材料などにより耐久性を大幅に向上することで、大径ながらdmn(ピッチ円直径×最高回転数)200万以上の超高速回転を可能としている。同社では、2015年に35億円の売り上げを見込む。
 ハイブリッド車の普及拡大を背景に、燃費性能やモーター走行時の動力性能向上を目的とした同システムの多様化が進んでいる。ハイブリッド用モーターに使用される軸受けに対しては、高出力化のための超高速回転への対応やモーターの大型化に対応した大径化ニーズが高まっている。
 新製品は、炭素繊維強化PEEK樹脂の採用により保持器の耐久性を大幅に向上。また、独自構造により保持器の振れ周りにともなう振動などを抑制するとともに、軸受け内部の溝寸法や玉径、玉数などを最適化することで摩擦と発熱による焼き付きを防止した。これら一連の改良により内径160ミリ、外径190ミリの大径軸受けながらdmn200万以上の超高速化を可能としている。
 外輪回転数1万80rpm、内輪回転数4255rpm、dmn260万相当(保持器公転速度換算)の条件で行った性能試験(試験時間60時間)では、標準設計品が玉表面をはじめ内外輪軌道面や保持器が損傷していたのに対し、開発品は新品並みの外観形状を維持していた。同社では、ハイブリッド車の燃費や走行性能の向上に寄与する差別化製品として積極的に拡販していく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る