東レは7月29日、中国の関連会社「東麗繊維研究所(中国)有限公司」(江蘇省南通市、略称TFRC)上海分公司内に、自動車関連部材の総合的なショールーム「オートモーティブセンター(中国)」(AMCC)を設置したと発表した。中国現地および中国に進出している欧米系の自動車・部品メーカーへの取り組みを強化するのが目的。近い将来には、TFRC(上海)内に試作・評価機器などを導入し、東レグループの自動車材料に関する中国開発拠点への拡充も視野に入れている。
 AMCCの面積は約300平方メートル。同社グループの先端材料を自動車向けに搭載したモデルであるスケルトンカーを展示しているほか、繊維・樹脂・フィルム・炭素繊維・電子情報材料の各種自動車部品を展示する「部品展示コーナー」、繊維・樹脂・フィルムなど同社グループの素材を展示・紹介する「マテリアル展示コーナー」を設けている。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る