三ツ星ベルトは、超高負荷駆動用タイミングベルト「ギガトルクGX」を開発、販売を開始した。心線にハイモジュラスカーボン繊維を採用し、ゴムタイミングベルトで世界最高水準の高伝動容量と耐久性を実現。専用プーリとの組み合わせにより、従来対応できなかった油圧機器や金属チェーンの使用領域でも使用が可能になった。2014年度に5億円の販売を目指す。
 ギガトルクGXは、柔軟性の高いカーボン心線、歯布に超耐摩耗性繊維、ゴムにH?NBRを採用。伝動容量は従来品比1・3?2・2倍、耐久性は同1・7?2・2倍に向上させた。ベルト・プーリの幅狭化が可能になり、機械装置のコンパクト化、軽量化が可能。金属チェーンに比べて騒音・振動を5?10デシベル低減できる。また振動収束までの時間が短いため、作業スピードの向上につながる。
 高機能製品「PRIMESTARS」シリーズで、高負荷駆動用タイミングベルトの最上位グレードとして販売する。同社は今後も同シリーズで全製品のグレードアップを進める。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る