三菱自動車は12日、バイオポリエチレン(PE)を用いたフロアマットを永大化工、MRCパイレン、豊田通商と共同で開発したと発表した。2012年夏の商品化を予定している。ポリプロピレン(PP)繊維を用いた従来品と比較し、CO2排出量を15%削減するほか、PPとの芯鞘構造により耐摩耗性や耐熱性を高めた。
 採用したバイオPEはサトウキビの廃糖蜜を原料とする植物由来樹脂。今回、バイオPEを芯に、石油由来のポリプロピレン(PP)で覆った芯鞘構造の繊維を開発し、フロアマットのパイル部に採用した。この構造により、自動車用フロアマットに求められる耐摩耗性、耐熱性などをクリアしている。原料採取から廃棄までのライフサイクル全体でのCO2排出量は、石油由来のPP繊維を用いた従来品と比較して約15%の削減を達成した。
 同社は独自の植物由来材料技術「グリーンプラスチック」の研究開発を進めている。液状化木材フェノール樹脂や、綿?ポリエチレンテレフタレート繊維内装表皮材などを製品化。今後も研究開発を進めていき、順次製品化を目指す。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る