マツダと日本ポリプロは9日、従来と同等の剛性を維持しつつ軽量化が可能な樹脂材料を開発したと発表した。ポリプロピレン(PP)とゴムそれぞれに分子量の異なる2種類の成分を用いて混合し、必要とされる機能に応じて2層構造に配分することに成功した。同材料を使ったバンパーは、薄肉化によりフロントおよびリア合計で約2割の軽量化を実現している。マツダはクラス最軽量バンパーとして今春発売の「CX-5」に搭載する。
 新たに開発した樹脂材料は、分子量の違いを応用して同一部材で特性の異なる材料を使い分けられるのが特徴。従来法に比べてより緻密な材料設計ができるのが特徴で、部材の薄肉化により大幅な材料使用量の削減と冷却時間の短縮ができる。
 新材料を使ったバンパーでは、基材表面に塗膜付着性および流動性に優れる低分子量材料が、コア部分に高い衝撃吸収特性を有する高分子量材料を配置した構造となっている。CAE解析技術の応用により流動性の最適化も図っており、これまで約60秒かかっていた成形時間を半分の30秒に短縮している。
 マツダは新型クロスオーバーSUV「CX-5」への搭載を機に、軽量バンパーを新型車に順次採用していく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る