日産自動車は、プラットフォームの共有化と商品力の向上を両立する新世代車両設計技術を2013年以降に発売する新型車の開発に導入する。この「日産CMF」は、車両構成をエンジンコンパートメントやコックピットなど4つのモジュールとし、その組み合わせで車両を設計する手法。モジュールは電子部品をまとめる電子アーキテクチャーを加えたバリエーションを用意し、小型車から大型車まで効率よく設計できる。同社では、導入により採用予定の開発技術を幅広いセグメントで同時適用していく。
 グローバルでの競争環境が厳しくなるなか、新車開発では個性創出をはじめ新技術開発成果のタイムリーな適用、部品などの大規模共用による量産効果の追求という相反する要素を同時に実現することが求められている。新たに導入する日産CMFは、モジュール化により最新の開発成果をタイムリーに反映できる一方、その組み合わせにより各セグメントにおける高度な要求性能レベルの実現を可能とする。
 同社では、16年までに90件の開発成果を採用していく計画で、新車両設計技術の導入により商品の競争力アップを推進する。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る