JFEスチールが独自開発した切削改善材「JFM」を添加した鉄粉が自動車用焼結部品向けに採用を拡大させている。「JFM4」を添加した鉄粉がステアリング用ヘリカルギアに採用されたほか、「JFM3」添加品では新たにショックアブソーバー用ピストンに適用されるなど用途分野を拡大しているもの。いずれも製造コストにおける切削加工費の低減効果が評価された。同社では、今後も材料開発を通じて鉄系焼結部品の製造コスト削減と品質向上に取り組んでいく。
 鉄系焼結材(粉末冶金部品)は、鉄粉に黒鉛粉や銅粉などを混合した後に金型中で加圧成形し、焼結することで製造する機械部品用材料。形状自由度が高く、エンジン部品など自動車向けに広く使用されている。同材料は内部に多数の気孔が分散した構造をしており、これが工具の摩耗や欠けを誘発する。そのため製造コスト低減には切削加工性の改善が有効だ。
 鉄粉メーカーでもあるJFEスチールでは、こうした課題に対応するため、これまでに4種類の切削改善剤を開発している。2008年に開発したJFM4は、高速での切削加工時に効果を発揮するのが特徴。従来に比べて工具寿命が約4倍になるとともに、これまで200?300メートル/分だった加工速度も500メートル/分という高速加工が可能。今回、その特性が評価され韓国ハラ・スタックポール社にヘリカルギア用材料として採用された。
 一方、06年開発のJFM3はドリル加工性を効果を発揮する切削改善材。ドリル加工時の断続衝撃の抑制し、ドリル加工を改善できる点が評価され、ファインシンターが製造するショックアブソーバー用ピストンに採用された。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る