鋼管のような断面が閉じた閉断面構造の部材で骨格を作ると、曲げやねじりに対する剛性が上がり軽量かつ安全な車体が製造できる。住友金属工業が開発した3次元熱間焼き入れ(3DQ)技術は、複雑な形状をした鋼管部材の高効率製造を可能とするもの。加工が難しい高張力鋼板(ハイテン)にも適用可能であり、従来に比べて最大50%の部材軽量化ができる。このほど住友鋼管、住友金属プラントの3社で量産加工技術を確立。今年度上期には同技術を採用した車が販売される予定だ。
 自動車車体の構造設計では、軽量化や剛性の向上を目的に部材の閉断面構造化が進んでいる。しかし、現状では鋼管に関しては成形加工が難しいため980メガパスカル級の実用化にとどまっているほか、アルミの場合はコストが高いため量産車での採用は限定的となっているのが実情。
 3DQ技術は、丸管や角管、各種異形鋼管などを局部的に加熱して曲げ加工し、直後に水で急冷して焼き入れを行う連続プロセス。金型を用いずに複雑な形状の超ハイテン鋼管部材が製造できるのが特徴であり、冷間曲げやハイドロフォームなど従来の加工法では不可能だった1470メガパスカル以上の鋼管部材にも適用できる。量産加工技術の開発では、曲げ加工に安川電機と共同開発したロボット技術を採用することで、設備のコンパクト化と低コスト化を実現している。
 今回の量産技術の確立により、閉断面構造の超ハイテン部材の高効率生産が可能となる。今後、自動車車体の設計思想が大きく変わることも予想される。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る