新日本製鉄は15日、自動車向け高張力鋼板(ハイテン)が、ホンダの軽自動車に採用されたと発表した。複雑な部品形状に対応し、強度と成形性などを両立したハイテンを開発。サイドパネルに世界初となる強度590メガパスカル級、サスペンションアームには780メガパスカル級、センターピラーには1500メガパスカル級ホットスタンプ材が採用された。
 自動車メーカーは、燃費向上と衝突時の生存空間を維持するため、車体軽量化と車体強度向上を進めている。このニーズを両立する素材として、ハイテンの採用が拡大傾向にある。ハイテンは強度を上げると成形性が落ちる課題があり、適用範囲は難成形性部品以外に限定されていた。
 今回、各種ハイテンが採用されたホンダ「N BOX」は部品数を減らして各部品を高強度化、さらに各部品のつなぎ方を工夫することで車体を軽量化している。サイドパネルに採用された590メガパスカル級のハイテン(冷延鋼板)は、440メガパスカルと同等の特性を有する。サイドパネルは高い伸び特性と外観の良さが求められるため、440メガパスカル級までの適用だった。
 サスペンションアームは湾曲した形状で、かつ曲げながら広げるバーリング加工が施される。開発した780メガパスカル級高穴広げ性ハイテン(熱延鋼板)は部分伸びや穴広げ特性に優れる。また、鋼板を加熱し、プレス成形と同時に急冷したホットスタンプ製法は1500メガパスカル以上の高強度部品が製造可能で、加工形状精度のコントロールが容易。ホンダ車へのホットスタンプ材の採用は今回が初めて。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る