新日本製鉄は、難成形部品への超ハイテン(高張力鋼板)材の適用を可能とするプレス工法を開発した。新工法は、専用金型とシミュレーション技術による鋼材の挙動解析によりプレス時に発生する割れやしわを回避するもので、980メガパスカル級ハイテンでの複雑形状の成形が可能だ。従来の絞り成形法に比べて材料歩留まりに優れるとともに、成形荷重が大幅に低減できるといった特徴を持つ。このほどスズキの新型「ワゴンR」に採用され、軽自動車では初となる980メガパスカルハイテンによるフロントピラーを実現した。
 980メガパスカル以上のハイテンは、強度と相反する成形性能の制約から適用できる部品が単純で成形しやすい形状のものに限定されている。さらなる車体軽量化に向けて超ハイテン材の使用拡大が不可欠であり、適用部品を広げるためには複雑形状が可能な加工法の開発が求められている。
 同社では、こうした課題に対応するため新プレス工法「NSafe?FORM」シリーズの開発を推進中。新開発のプレス工法(NSafe?FORM?LT)はL字やT字形状の加工に最適化したもので、鋼材のブランク形状や変形の仕方を変えることで同形状に特有の割れやしわの発生を回避する。590メガパスカル級が限界だったL字もしくはT字形状の部品において980メガパスカル級の適用を可能としており、新型ワゴンRでは上下一体型のフロントピラーのほか、センターピラーにも採用され、軽量化および衝突安全性の向上に貢献している。
 現在、1180メガパスカル級以上の超ハイテン材の冷間プレス工法の開発を進めている。新日本製鉄では、材料およびアプリケーション技術の高度化により自動車のさらなる性能向上に貢献していく考え。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る