古河機械金属グループの古河キャステック(東京都千代田区)は、アルミダイカスト製品の品質および生産効率向上を可能とする特殊鋼を開発した。新製品「トケナイト」は、特殊製法により素材表面にアルミ溶損に強い特殊皮膜を形成したもの。工程中に発生するアルミ溶湯への鉄分溶出(コンタミ)を大幅に抑制できる。製造工程に用いる治具類に使用することで、ダイカスト品の品質向上および治具類の長寿命化が可能だ。同社では、高品質・低コストを実現する新材料として提案していく。
 自動車の軽量化のために車載部品として広く使用されているアルミダイカスト製品。近年の低燃費化ニーズの拡大を背景に、軽量化を目的に強度向上による薄肉化が求められている。そのためにはコンタミ防止による品質向上が不可欠であり、製造工程における鉄分のアルミ溶湯への溶出をいかに防ぐかが大きな課題となっている。現在、製造工程で使用するルツボなどの鋳物類に特殊なコーティングを施すことで対応しているが、コーティング効果の持続性が不安定であり、その改善が求められている。
 トケナイトは、特殊皮膜の形成により耐アルミ溶損性を高めた鋳物用素材。製造工程で使用する治具類の鋳物素材として使われている「ねずみ鋳鉄」に比べて、コンタミ量を1600分の1(750度C)まで抑えられる。また、濡れ性が悪くアルミをはじく性能に優れているほか、耐熱鋳鋼であるためねずみ鋳鉄に比べて伸びがあり温度変化に強いといった特徴を有する。
 こうした特性から鉄分溶出やアルミ酸化物などの異物混入を防止するためのコーティング処理が必要なく、ダイカスト製品の品質向上が可能。また、鋳物素材であるためあらゆる形状が製作できることから、多様な用途へも展開できる。今後、同社ではアルミダイカスト業界向けに拡販を推進していく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る