日本ユピカは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)用の高機能樹脂を開発した。軽量化の観点を含め繊維強化プラスチック(FRP)の需要構造がガラス繊維利用などからCFRPにシフトするとみられるなか、ビニルエステル樹脂など2種類を開発。エポキシプリプレグに匹敵する物性値が得られていることから、年内をめどにサンプルワークに着手し、早期にCFRP用の樹脂市場に参入したい考え。
 炭素繊維は「鉄より強くアルミより軽い」高機能素材。エポキシ樹脂と複合化したCFRPは次世代航空機の機体主要部分などに採用され、省エネに貢献できる金属代替材料として需要増が期待される。マトリックス樹脂には炭素繊維との界面接着性や高靱性などが求められる。
 日本ユピカが供給している不飽和ポリエステル樹脂「ユピカ」やエポキシアクリレート樹脂「ネオポール」は耐水性や耐薬品性を持ち、ガラス繊維などの補強材と複合化したFRPは強度や耐熱性、寸法安定性などに優れる成形物を製造できる。
 一方、CFRPの重要性が高まりつつあるなか、同社はCFRP用途に適した熱硬化性樹脂の開発を進めている。1つはカーボンとの相性が良好とされるビニルエステル樹脂(エポキシアクリレート樹脂)。このほかウレタンアクリレート樹脂との2本構えで実用化を目指す。
 これら2種類をベースにインフューション成形、引き抜き成形、プレス成形など各種成形法に対応した樹脂を開発中。エポキシプリプレグに匹敵する物性値が得られていることから、改良を加えたうえで年内をめどにサンプルワークを始める。
 同社は結晶性不飽和ポリエステル樹脂をベースとした熱硬化型乾式成形材料「バイログラス」の新規用途開拓などとともに、CFRP用樹脂を開発の重点領域に位置付ける。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る