古河機械金属グループの古河キャステック(東京都千代田区)は、独自開発した鋳物用特殊鋼(商品名・トケナイト)の本格事業化に乗り出す。工程中に発生するアルミ溶湯への鉄分溶出(コンタミ)を大幅に抑制できる特徴を生かして、アルミダイカスト向け治具類の製造販売を開始する。同社製品の採用によりダイカスト製品の品質向上をはじめ、治具類の長寿命化や素材コストの低減が可能。同社では、軽量化を背景に拡大する自動車向けアルミダイカストを軸に拡販を図る。
 車載部品として使われるアルミダイカスト製品は、車体軽量化ニーズを背景に強度向上による薄肉化が求められている。そのためにはコンタミ防止による品質向上が必須であり、製造工程におけるアルミ溶湯への鉄分溶出をいかに防ぐかが課題だ。現状ではセラミックもしくはカーボン製治具類を用いるか、表面に特殊なコーティングを施すことで対応しているが、コストや耐久性、コーティング効果の持続性といった点で問題がある。
 トケナイトは、特殊皮膜の形成により耐アルミ溶損性を高めた鋳物用素材。製造工程用治具類で一般的に使われている「ねずみ鋳鉄」に比べてコンタミ量を1/1600(750度C)に抑えられるのが特徴。耐熱鋳鋼であるため、ねずみ鋳鉄に比べて温度変化に強いほか、セラミックやカーボンより耐衝撃性に優れるといった特徴を有する。異物混入を防止するためのコーティング処理が不要であり、他素材に比べて機械加工が容易で溶接も可能だ。
 今回、ダイカスト業界向けに製造工程用治具類の製造販売を開始する。すでに大きさ・形状・個数などユーザーニーズに対応した生産体制を整備しており、強度向上(軽量化)や低コスト化ニーズが高まる自動車業界を軸に展開する計画。同社では、事業化を通じてダイカスト品の生産効率化とコスト削減の両面で貢献していく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る