ホンダは、四輪車ボディーの新塗装技術を開発した。新技術は、主流である4コート3ベークの塗装方法から中塗り工程を廃止した水性3コート2ベーク塗装となるショートプロセス。中塗り工程を廃止することによる塗装色への影響は、上塗り工程のカラーベースコート材自体を高機能化することで解決。カラーベースコート材は、業界で初めてすべての塗装色への対応を可能としている。同社では、新塗装技術を13年7月に稼働予定の埼玉製作所寄居工場に導入する。
 新開発の高機能塗装技術「Honda Smart Ecological Paint」は、塗装と高速充填・洗浄可能塗料タンクを内蔵した壁掛け塗装ロボットシステムを導入することで大幅な塗装効率の向上が可能。また、塗装材料の削減および従来比40%のショートプロセス化により、CO2排出量を40%削減できる。同社では新塗装技術をはじめ、さまざまな革新技術を導入することで、寄居工場を世界をリードするトップクラスの省エネルギー工場とする計画。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る