JFEスチールは、自動車用高張力鋼板(ハイテン)の製品開発を加速する。車体骨格用ハイテン(NANOハイテン)に続いて、合金化溶融亜鉛メッキ鋼板(ハイテンGA)および高潤滑GA鋼板(JAZ)で1・2ギガパスカル級の早期製品化を目指すもの。すでにハイテンGAでは980メガパスカル級並みの伸びを有する製品の開発を進めているほか、並行して溶接などの関連技術の高度化にも取り組んでいる。同社では、材料および加工技術の両面から車体軽量化ニーズへの対応を強化する。
 自動車の低燃費ニーズの高まりを背景に、主要材料である鋼板のハイテン化が進展。すでに量販車においても980メガパスカル級ハイテンの採用が広がっており、日産自動車では今年発売予定の新車で世界初となる1・2ギガパスカル級ハイテンを採用することを表明している。
 JFEスチールは、自動車用ハイテンの総合メーカーとして冷間加工用を主に事業展開している。昨夏には耐酸化性および優れた耐食性を兼ね備えたホットプレス用酸化防止被覆鋼板「JAG」を商品化し、新たにホットプレス用鋼板市場に参入するなど事業基盤の拡充を図っている。
 1・2ギガパスカル級の開発では、世界で初めて組織制御にナノサイズの析出物を活用したNANOハイテンで実現済み。製品化を目指すハイテンGAでは980メガパスカルを開発し、このほど780メガパスカル級が乗用車の骨格部品に採用された。GA表層の独自改質技術により摺動性を飛躍的に向上させたJAZでも980メガパスカル級までの対応を完了しており、さらなるハイテン化により市場をリードする。
 関連技術については高度な制御などによる溶接技術の開発を推進中。開発中のパルススポット溶接では通電時間の半減と1・7倍の高強度化を、多段制御による片側スポット溶接では部材の高強度化を背景に採用が拡大している閉断面構造部への対応を可能とする。また、シミュレーション技術をベースとした設計技術の高度化にも取り組んでおり、独自の構造設計や軽量補強部材の最適配置などの提案力を強化していく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る