日産自動車は、車体部品における超高張力鋼板(超ハイテン)の採用を拡大する。今年北米で発売する「インフィニティQ50」で1・2ギガパスカル級高成形性超ハイテン材を採用するのを皮切りに、超ハイテン材の採用比率を2017年以降を目標に25%(重量ベース)まで拡大するもの。さらに車体の構造合理化により15%の軽量化を図る計画。同社では、超ハイテンの積極採用により自動車の低燃費化を推進する。
 新たに採用する1・2ギガパスカル級ハイテンは、新日鉄住金および神戸製鋼所と共同で開発したもの。材料配合の最適化により高強度かつ優れた成形性を実現しており、従来の超ハイテンでは成形困難な複雑形状部品への適用が可能。今回、高精度な型設計や溶接プロセスの確立と併せて適用範囲を大幅に拡大している。
 超ハイテン材は、鋼材の1台当たりの使用量を減らしつつ、従来の生産ラインを活用することで1台当たりのトータルコストを下げられる。同社では、他社に先駆け超ハイテン材を実車採用することで、乗用車の軽量・低コスト化を推進する。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る