独BASFの高強度特殊ポリアミド「Ultramid(ウルトラミッド)A3WG10 CR」製のエンジンサポートが、独ダイムラーのメルセデスベンツ新型GLクラスの6気筒ディーゼルエンジンに採用された。プラスチック製エンジンサポートの導入は世界初。プラスチック製エンジンサポートは従来のアルミニウム製と比べて、耐荷重性能は同等ながらも防音特性と断熱特性に優れ、軽量化にも貢献する。
 エンジンサポートはエンジンマウントとともにエンジンを支える部品。エンジンの重量負荷が持続的にかかるうえに、エンジントルク全体を吸収する必要があり、従来はアルミ製だった。過酷で耐衝撃性が求められる環境でアルミに代えてプラスチックを利用するには、厳しい機械的要件が不可欠。
 ウルトラミッドA3WG10 CRは、高い荷重条件に対応するように構造を最適化した。防音特性にも優れ、プラスチック特有の減衰挙動によってバランスのとれたエンジンサウンドに貢献する。また、プラスチックはアルミと比較して熱伝導が非常に少ない。そのため、ウルトラミッド利用のエンジンサポートは、天然ゴム製のエンジンマウントを従来以上にエンジンの熱から守り、マウントの寿命を延ばせる。さらに、アルミと比べて30%以上軽いため、燃費効率の改善によって二酸化炭素の排出量を減らせる。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る