京浜精密工業(神奈川県横浜市)は、独自開発した塑性流動結合技術による自動車部品の軽量化を提案する。同結合法は、鋼材に設けた溝にアルミダイカスト材を流動させて機械的に噛み合わせるもの。既存のボルト締結を置き換えることができ、構造の簡素化などにより部品の軽量・コンパクト化および低コスト化が可能。また、応用展開として穴部品や球部品と軸部品を結合する技術も開発している。同社では、金属系異種材結合方法の新技術として積極的に採用を働きかけていく。
 京浜精密工業は自動車用機能部品を展開するダイカストメーカー。ダイカストから加工、検査工程までを連続させた独自の一気通貫生産ラインにより、低コスト・高品質の高度なジャスト・イン・タイム生産体制を構築する一方、鉄系部品の置換を可能とする高強度・高密度アルミダイカスト技術や、加工レスを実現した高寸法精度の高品質アルミダイカスト技術など優れた技術開発力をベースに製品の高機能化・高付加価値化に取り組んでいる。
 塑性流動結合は、自動車をはじめとする各種機械部品において高まる低コスト・軽量化ニーズに対応するために開発したもの。異なる材質の複雑な形状の部品を高精度かつ高効率に結合できるのが特徴。具体的には、硬質材料にあらかじめ溝を加工し、パンチにより軟質材料を加圧することで、溝部に軟質材料を流動させる。溝部に軟質材料が入り込むことで、アンカー効果と部材間の締付圧力による摩擦力によって部材間を結合する。
 塑性変形能力の乏しいアルミダイカスト部品と鉄系部品の結合に適用すれば、従来のボルト締結を置き換えることが可能。アルミダイカスト製ハウジングにスチール製ベアリングホルダーを結合した場合、従来に比べて20%の軽量化と30%のコストダウンが可能だ。
 すでに応用展開として優れた位置決め精度と高強度結合が可能といった特徴を活かして、穴部品や球部品と軸部品の結合技術も開発しており、多様な形状に対応することで適用部品のさらなる拡大にも取り組んでいる。今後、同社では軽量・低コスト化を実現する金属系異種材同士の新結合技術として、同技術の普及促進を推進していく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る