ポリプラスチックスは、顧客の樹脂部品開発支援を目的に、独自の成形技術の開発を強化する。金属接合技術や断熱成形技術に加えて、新たに配管部品向けの水路成形技術と、樹脂同士の接合技術を開発した。ユーザーにとって製品開発までの時間短縮や生産性向上、開発部品の品質・機能向上が図れるといった利点を訴求することで、自社エンプラ材料の普及促進につなげる考えだ。
 同社は保有する膨大な樹脂データや独自の測定・解析方法を駆使し、エンプラ部品の品質向上およびコストダウンにつながる成形・加工技術を相次ぎ開発、実用化させている。
 金属と樹脂を直接接合する技術「レザリッジ」は、接着剤を用いた従来の樹脂複合材に比べて、高い初期接合性や耐熱性、耐冷熱耐久性を付与できる。また断熱成形技術の「アドバサーモ」は、熱伝導性の低い材質でコーティングした金型を用いる射出成形技術で、バリの少ないエンプラ部品を成形できる。
 これらの技術はすでに採用が始まっているが、さらに新たな成形・加工法として、樹脂配管部品向けの水路成形技術を開発した。複数の射出成形品を最適に組み合わせるというもので、複雑な3次元曲面形状や中空形状などを安定した寸法精度で成形できるのが特徴。同技術を利用することで、複雑形状部品の量産や金属部品を樹脂化することが可能となることから、同社では配管などの液体搬送経路部材への応用を見込んでいる。
 このほか2種類の樹脂を強固に接合する技術の開発にも成功している。
 一方で同社は、樹脂部品の開発・製造をアウトソーシングでサポートする受託サービス「PLAMOS(プラモス)」を展開中。同サービスを活用しながら、開発した新規成形技術の提案、普及活動にも乗り出しており、顧客に対するソリューション活動をより一層強化する方針だ。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る