住友理工グループの東海化成は、自動車分野における独自成形法「TcPM」の採用拡大を推進する。低圧成形(LPM)の一種である同成形法は、従来法に比べ形状自由度が高く優れた生産性を実現しているのが特徴。接着剤を用いずに表皮材との一体成形が可能であり、このほどトヨタ自動車から発売された新型「プリウス」のドアオーナメントにも採用された。内装デザインの多様化を背景に、採用車種および適用部位の拡大に向けた提案活動を積極化していく。
 東海化成は自動車内装品を軸にウレタンおよび樹脂製品を展開する加工メーカー。ウレタン製品では、真空成形やパウダースラッシュをはじめ、直接ウレタンを注入する縫製一体成形による発泡品などを製品化。樹脂製品では射出成形品をはじめ高級車向けなどに表皮材の貼り込み品や巻き込み品を展開している。
 LPMは、低圧型締めの金型を少し開いた状態で溶融樹脂を射出し、型を締めながら成形する。通常の射出成形に対してひけ・そりが少なく寸法精度が良いほか、プレ成形した表皮材を接着剤フリーで芯材と一体成形できる特徴がある。
 TcPMは、独自の金型技術とCAE(コンピューターによる設計・開発支援)をベースにプレ成形なしで表皮材と芯材を一体成形できる独自のLPM技術。表皮材の物性を織り込むことでシャープかつエッジの効いた形状を可能としており、貼り付けなしでヘコ(凹)形状にも対応するなど形状自由度が高いのが特徴。
 成形後のトリミングも不要で、LPMに対し優れた生産性を実現している。成形圧力が低いため布や塩ビ、フェルトなど本革を除くすべての表皮材に適用できるほか、発泡層付き表皮材を使用すればウレタン発泡工程の省略も可能となる。こうした特徴を生かしてアルファードのシートバッグカバーなどに採用されている。
 差別化や高付加価値化を狙い、形状や質感にこだわったデザインを採用する傾向が高まっている。以前に比べて表皮材を採用するケースも増えているため、同社はコストおよび環境負荷の低減化や高意匠性といったTcPMの採用メリットを訴求していく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る