新日鉄住金のチタン薄板がホンダ「CRF450R」の最新モデルの燃料タンク素材に採用された。本田技術研究所との連携によりプレス成形性・溶接性・異方性などの加工上の課題に対する技術提案を行った結果、同社製純チタンJIS1種材(TP270C)の優れた性質が認められた。採用車種はホンダの代表的な量産モトクロッサーであり、燃料タンク本体へのチタン材採用は量産二輪車では世界初。
 チタンは軽量、高強度、耐食性に優れるといったさまざまな機能を有する金属素材。板長手方向や板幅方向、板厚方向によって性質や特性などが異なる異方性への対応をはじめとする技術提案により燃料タンク本体への採用を実現した。その比強度の高さを生かして、これまでのタンク主要素材である樹脂との比較による軽量化にも貢献している。
 同社では今後もチタンの特性をベースに自動車分野での適用拡大に取り組んでいく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る