新日鉄住金のチタン合金「Super-TIX10CU」が日産自動車の新型「GT-R」のエキゾーストシステムに採用された。同チタン合金はチタンに1・0%の銅を添加し酸素を低減したもので、純チタン並みの室温加工性を持ちながら高温強度に優れる材料特性を有する。この特性により排気系部品としての加工性向上と耐熱性が評価され、今回の純正部品での採用となった。
 チタンは軽く、強く、耐食性に優れるといった材料特性。自動車部材ではチタンエキゾーストシステムによる心地よいエンジンサウンドといった付加価値も見いだされている。
 同社は、チタン製品の適用拡大を目的に、独自合金を含めた幅広い製品ラインアップと研究開発力やデリバリー対応力の強化に取り組んでいる。自動車分野では、二輪車および四輪車の価値向上へのソリューション展開を推進しており、新型GT-Rではエキゾーストシステムのチタン化により四輪車用マフラーの主要素材であるステンレスと比較した軽量化を実現している。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る