早稲田大学は、熱溶解式3Dプリンティング造形物の表面を化学溶解によってなめらかにする新手法を開発した。この3次元化学溶解仕上げ機構は、ペン型の機構から必要最小限の溶剤を吐出して造形物の表面を溶解することで積層痕を平滑化する。積層痕を選択的に除去でき、熱溶解という化学溶解プロセスを用いるため安全かつ安価で粉塵も発生しないのが特徴。造形物の光の反射量に着目し、画像化による明度によって仕上げの進行具合を評価する手法も考案している。
 熱溶解式3Dプリンターは、熱溶解した材料を一層ごとに硬化して造形するため原理上必ず積層痕が発生し、これが造形物の外観と強度を悪化させる要因となっている。積層痕を取り除く方法としては研磨や塗装のほかに、主要材料の一つであるアクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)樹脂を溶解する化学溶剤のアセトンを使用するなどがあるが、手間と時間を要することや粉塵の発生、安全面などで問題がある。
 開発した3次元化学溶解仕上げは、ペン型機構の採用により必要最小限の溶剤を吐出し、積層痕を平滑化して改質処理を行う手法。これまでの手法と比較して積層痕を選択的に除去できることや粉塵を発生しないなどの点で優れる。今回は、造形物の光の反射量に関係する明度を用いて仕上げの進行具合を評価する方法も開発し、高精度な処理を可能としている。
 研究グループでは、積層痕が平滑化されることによって破断原因が減少し、造形物の強度が上昇することを実証している。新技術の応用により、これまで用いられてこなかった機械部品分野などへの熱溶解式3Dプリンティング造形物の展開が期待される。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る