愛知製鋼は、日本発条(ニッパツ)と共同で自動車の軽量化・燃費改善に貢献する高強度板ばね用鋼を開発した。新鋼種は、高硬さ領域で優れた靭性を発揮する独自の成分設計とチタン炭窒化物の析出制御による組織の微細化により、世界最高レベルの強度と現用鋼以上の優れた靭性の両立を実現した。採用により重ね板ばねの枚数削減などの軽量化が可能となる。今後、愛知製鋼では車体軽量化ニーズの高まりを背景に独自素材として世界展開する計画。
 トラックをはじめ重量車に対する日本の排出ガス規制は、世界で最も厳しい水準にあり部品1点ずつにおける軽量化ニーズは極めて高い。排出ガス規制において日本に続く欧米でも、そのニーズはますます高まることが予想されている。トラックのサスペンションに使用する板ばね用鋼は、車軸の位置決めとタイヤから車体への衝撃を吸収する役割があることから、優れた強度と靭性を必要とする。これまで高強度化するために鋼の硬さを高めると靭性が低下してしまうため、高強度化による軽量化に限界があった。
 同社は、板ばね用のばね平鋼の材料開発から製鋼・圧延までを手掛ける国内唯一のメーカー。高強度板ばね用鋼「AUP30NS」は、高硬さ領域で優れた靱性を発揮する独自の成分設計を新たに開発。また、鋼材製造から板ばね成形までの一連のプロセスにおいてチタン炭窒化物の析出状態を制御する技術を確立することで、強度と靱性の両面で既存鋼種を上回る性能を実現した。今後、知多工場(愛知県東海市)を製造拠点に自動車懸架用板バネ向け独自素材として展開していく。
 同社では、今後もユーザーと連携した材料設計から製品までの工程スルーでの軽量化技術の開発を推進し、さらなるCO2削減、排出ガス抑制を追求することで地球環境保全に取り組む。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る