JFEスチールは、独自開発した自動車部品用高強度鋼板(ハイテン)を「JEFORMA(ジェフォーマ)」(JFE Excellent FORMAbility)としてシリーズ化した。冷延鋼板および合金化溶融亜鉛メッキ(GA)鋼板における強度グレードや加工性の開発を完了したもので、自動車用ハイテンのシリーズ化は業界初。新たに加工性をベースに3タイプ・590?1180メガパスカル級までを揃えることで、同用途における他社との差異化を推進する。同社では利用技術の開発にも注力しており、「材料技術」「車体設計技術」「成形/組立技術」をトータル提案することで最先端の車体開発に貢献していく。
 燃費性能や車体安全性の向上を目的に、自動車用鋼板の高強度化が加速している。従来はDP型(フェライトと硬いマルテンサイトの二相複合組織鋼)や炭素鋼を高温から焼入れた非常に硬い組織のマルテンサイト単相型の汎用ハイテンなどが使用されていたが、近年は適用部品の拡大が可能な加工性の優れた鋼種の開発ニーズが高まっている。こうした状況に対応するため、JFEスチールでは適用する部品の形状や加工方法に応じた最適な鋼板の研究開発を進めてきた。
 「JEFORMA」シリーズは、従来の汎用鋼板よりも伸びの高いType1「高El型」、伸びおよび伸びフランジ性が高いType2「高El?高λ型」、高El型よりさらに伸びが高いType3「超高El型・TRIP鋼」の3タイプで、それぞれ590?1180メガパスカル級までラインアップした。センターピラー部品の場合、袋形状をした下部に980GAType2「高El型」を使用すれば従来の鋼板では困難な張り出し成形ができるほか、厳しい伸びフランジ成形が求められる上部に590GAType2「高El?高λ型」を適用することで割れることなく加工することが可能となる。
 同社では、製品の品揃えをベースに高度化する多用な市場ニーズへの対応を強化していく。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る