NTNは、軸受け内部設計の最適化により世界最高水準の高負荷容量と高速回転性能を実現した自動車用円錐ころ軸受けを開発した。同社従来品と比べて1・3倍の高負荷容量を実現するとともに、定格寿命は2・5倍以上に向上。ころと内輪および保持器とのすべり接触部も形状を最適化し許容回転速度が約10%向上し、世界最高水準の高負荷容量と高速回転性能を可能とする。トランスミッション、デファレンシャル、アクスル支持向けに拡販していく。
 自動車用の円錐ころ軸受けは、トランスミッションやデファレンシャルの動力伝達部などに使用される。高出力化にともなう負荷の増加や、軽量化されたハウジングの剛性低下による偏荷重の増加などを背景に、高い荷重負荷能力が求められているほか、省燃費化と高効率のための低トルク、低昇温による高速回転性能が必要となっている。
 新開発の「自動車用ULTAGE円すいころ軸受」は、大形円錐ころ軸受けで採用した転がり疲労寿命を最大化する円すいころ形状の最適設計技術を小型シリーズ向けに改良して適用した。高負荷や偏荷重が作用する場合でも転動体(ころ)と軌道輪(内外輪)の接触面圧を均一に形成でき、潜在寿命を最大限まで引き出すことを可能とした。
 独自の特殊熱処理加工を組み合わせることで、耐焼き付き性に優れ定格寿命を従来品比で3・8倍以上に向上させた異物混入など過酷な潤滑条件にも対応できる高機能タイプも開発している。自動車用途にニーズの高い外径150ミリメートル以下の小形円錐ころ軸受けシリーズを開発品に置き換えていく計画。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る