横浜ゴムは、乗用車用スタッドレスタイヤ向けに新ゴムコンパウンド「プレミアム吸水ゴム」を開発した。ゴムに配合した「新マイクロ吸水バルーン」の分散を均一化し、氷表面の水膜の吸水効果を向上。また、シリカの増量と均一分散を促進する「シリカ高反応ホワイトポリマー」の新規採用により氷上性能とウェット性能のレベルアップを実現したほか、スタッドレスタイヤ用に開発した「オレンジオイルS」により氷上性能を長持ちさせることに成功した。同社では、新コンパウンドを採用した新商品「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」を9月1日に発売する。
 除雪技術の普及や気温上昇による道路環境の変化から、スタッドレスタイヤには氷上性能に加えてウェット性能へのニーズが高まっている。新商品は、アイスガードの基本コンセプトである「氷に効く」「永く効く」「燃費に効く」に加え、第4のベネフィットとしてウェット性能を新たに追加。スタッドレスタイヤの最重要性能である氷上制動を大幅に向上させながらウェット性能を一段と高めている。
 トレッドパターンは非対称パターンを継承しつつ、氷雪性能およびウェット性能も高めた専用パターンを開発。また、新開発の「ダブルマイクログルーブ」が装着初期から優れた氷上性能を発揮するほか「クワトロピラミッドディンプルサイプ」が剛性を高め操縦安定性の向上に寄与。これに新開発の「プレミアム吸水ゴム」の特性向上が加わることで、従来品に比べて氷上制動性能を15%、ウェット制動性能を5%向上したほか、パターンノイズとロードノイズを大幅に低減し、従来品と同等以上の性能の持続性、低燃費性能を実現した。

自動車関連ニュースの最新記事もっと見る