5/26ライブ配信
《車載電池セミナー》「車載電池の世界的動向と素材メーカーへの期待」

〔主催〕化学工業日報社

従来の自動車メーカーに加え、テスラを代表とする多くの新規プレイヤーがしのぎを削る電気自動車市場。韓国や中国など諸外国の電池メーカーも市場への参入を狙っています。その中で我が国の自動車部材・素材メーカーがこの巨大市場を獲得するには、技術開発力で圧倒的な力の差を見せる必要があります。今回のセミナーでは、車載電池に関する各国の規制、中国や韓国勢の動向、我が国の素材メーカーの勝機になどについて専門家が解説致します。

講演要旨

第1講(13:30~14:30 Q&A含む)

講師:名古屋大学 未来社会創造機構 客員教授
   エスペック株式会社 上席顧問 佐藤 登 氏

「車載電池の世界的動向」
・電動化を加速させている法規動向
・世界の自動車カテゴリー規制動向
・自動車各社の車載電池戦略
・車載電池形状とビジネスモデル
・自動車業界が電池業界に求める要素
・車載電池の価格推移と展望
・車載電池にまつわる火災事故
・火災事故を招く要因分析と対応策
・車載電池の国連規則と認証事業

第2講(14:35~15:35 Q&A含む)

講師:佐藤 登 氏

「中国・韓国勢の台頭、日本企業にまだ勝機はあるのか」
・車載電池の世界シェア
・韓中勢電池各社の躍進と勢力図
・車載電池のサプライチェーンと今後の展望
・日系部材業界の方針転換
・次世代革新電池への期待
・全固体電池の研究開発動向と展望
・日本の勝機を生み出す過去の事例からの3つのリビュー
・日本の勝機を生み出す新たな3つの提言

【講師プロフィール】 ・1978年 横浜国立大学大学院工学研究科修士課程修了、同年本田技研工業(株)入社
・1979-1989年 腐食防食技術の開発に従事、1988年社内技術開発成果により東京大学工学博士
・1990年 (株)本田技術研究所和光基礎技術研究センターにてエネルギー研究に着手
・1991年 車載電池研究機能を創設
・1992年 同研究センター チーフエンジニア
・1993年 同社和光研究所マネージャー
・1995年 同社栃木研究所 チーフエンジニア 
・2002-2004年「先進自動車用電池国際会議(AABC)」第2回~第4回セッション・チェアマン
・2004年9月 韓国サムスンSDI(株)に常務役員として移籍、中央研究所で技術経営
・2005年度 国立大学法人東京農工大学客員教授
・2009年9月 本社経営戦略部門へ異動と同時に東京勤務。2012年12月 同社退社、エスペック(株)上席顧問
・2014-2017年(独法)科学技術振興機構『次世代蓄電池の中長期戦略に関する研究』委員
・論文、講演、著書等約1,200件。専門著書以外の書籍:『電池の覇者』(日本経済新聞出版、2020年9月)
 『人材を育てるホンダ 競わせるサムスン』(日経BP、2014年7月)など多数

 

第3講(15:40~16:40 Q&A含む)

講師:Amaz技術コンサルティング合同会社
   代表 雨堤 徹 氏

「車載電池市場で素材メーカーの進むべく道は」

1.主な車載電池と構成材料
(1)主な電池と特徴 (2)電池の構造と構成材料とその機能
2.車載電池に求められる特性
(1)xEVのxの違いによる要求特性のポイント (2)現実とのギャップ
(3)ユーザー目線から見た課題
3.普及のために求められる改善ポイント
(1)エネルギー密度の向上 (2)寿命特性 (3)温度特性
(4)コストパフォーマンス (5)システム化の課題
4.電池材料に求められる内容
(1)正・負極活物質 (2)導電剤 (3)バインダー
(4)セパレータ   (5)電解液 (6)その他の構成部材
(7)システム化用部材

【講師プロフィール】 職歴
1982年:三洋電機株式会社入社 研究開発本部へ配属(塩屋研究所)
1985年:洲本事業部へ異動
1989年:コイン型リチウム二次電池の開発・量産化
1994年:円筒形リチウムイオン電池の開発・量産化
1995年:角形リチウムイオン電池の開発・量産化
    アルミニウム外装缶を採用
2009年:大容量・高電圧リチウムイオン電池システムの開発
    EVミラの東京/大阪無充電の旅をサポート(ギネス記録)
    徳島県庁にソーラー駐輪場のシステム導入
    徳島市に無停電信号機用電池システム導入(助任橋)
2010年:三洋電機株式会社退社
2010年:Amaz技術コンサルタント合同会社設立 代表社員
2012年:研究所開設 スローガン「鳥飼から世界へ」
2016年:電動移動体製造株式会社設立 代表取締役社長

開催要項

【受講料】1名につき27,500円(税込)
【開催日時】2021年5月26日(水)13:30~16:40(入室13:15~)
      本セミナーはライブ配信によるオンラインセミナーになります。
【申込締切日】2021年5月24日(月)17:00
【受講要件】 既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)の利用が可能であること、もしくはビデオ会議ツール「Zoom」アプリ(無料)のインストールが可能な方

受付を終了しました。

≪オンラインセミナー開催にあたり主催者からのお知らせ≫
・弊社のオンラインセミナーは、既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)ならびにビデオ会議ツール「Zoom」を利用したライブ配信です。パソコン、タブレット、スマートフォンでご視聴いただけます。
・開催日の前日までに、視聴するために必要なURLとパスワード、講演資料(PDFファイル)をメールにてお送りいたします。
【留意点】
・オンラインセミナーはインターネット経由のライブ配信であり、受講側の回線状態や使用機器の状態などにより画像や音声が乱れる場合があります。あらかじめ、受講する前に下記ホームページにて、ご使用されるデバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)の仕様やネットワーク回線について必ずご確認をお願いします。なお、視聴に用いるデバイスならびに、その設定は受講者側でご調整ください。主催者側では、それらのサービス利用に関するサポートはできかねます。

~PC、Mac、Linuxのシステム要件~
(視聴する時のデバイスやネットワーク回線の要件が確認できます)
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux

~既存のブラウザから参加する方法~
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/214629443

・受講者側のシステムトラブル等により画像・音声に問題が生じ、受講できなかった場合、受講料の返金はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
・主催者側で異常等が認められると判断した場合は、該当者に対するオンラインセミナー配信を予告なく切断する場合がございます。
・お申込みをしていない方が、視聴用URLを取得し、オンラインセミナーに参加しようとしても、受講許可されません。視聴用URLの転送は無効となりますのでご注意ください。
・複数のデバイスを同時に使って受講することはできません。
・万が一、主催者側のシステムの不具合等により開催を中止した場合には、対応方法を含め主催者より後日ご連絡させていただきます。
・内容と講演者は予告なく変更される場合があります。
【禁止事項】
・受講時における録画・録音・キャプチャー取得などによるデータ保管を禁止します。SNSや他ウェブサイトへの掲載も禁止します。違反行為を発見した場合、主催者は削除を要求します。
・オンラインセミナーの視聴用URLを第三者へ転送し受講させることは禁止します。
・オンラインセミナー受講時に知りえた個人情報などは、当該オンラインセミナー内のみに限り、他への口外を禁止します。
・講演資料は参加者のみのご利用に限定させていただきます。他への転送、ウェブサイト等への掲載は禁止します。

以上の違反行為を発見した場合、今後の弊社セミナー、オンラインセミナーの受講をお断りさせていただきます。
お申し込み後のキャンセル につきましては、開催日2営業日前(土日祝除く)までにご連絡をお願いいたします(受講料をご返金いたします)。
開催日前日および当日のキャンセルはできません(受講料は返金いたしません)。

オンラインセミナーの最新記事もっと見る