中国では天津港爆発事故以来化学品、とりわけ『危険化学品』に分類される貨物に対する通関時の厳しい対応が続いており、また、各港々で対応が異なるなど日本企業はその現状に苦慮しています。今回のセミナ-では長年にわたり現地で化学品物流関連事業を展開してこられた企業の担当者を招きその現状と課題についてお話しいただきます。

■講師とテ-マ
第1講(13:00-14:00)
『物流企業から見た上海危険化学品通関の現状と課題』
 株式会社日陸 海外事業統括部 参事 伊野 裕之 氏

《休憩(14:00-14:15)》

第2講(14:15-15:15)
『最近の化学品通関事例と対応策』
 株式会社アジアンエクスプレス 化学品情報管理部 部長 清本 珠音 氏

Q&A(15:15-16:15)
伊野 氏/清本 氏

■開催要項
【受講料】1名につき25,000円+税
<大阪会場>
【日時】2018年6月8日(金)13:00-16:15
【会場】日本綿業倶楽部(日本綿業会館)新館 2階 会議室(大阪市中央区備後町2-5-8)
<東京会場>
【日時】2018年6月12日(火)13:00-16:15
【会場】アイビーホール 2階「ミルトス」(東京都渋谷区渋谷4-4-25)
【お申し込み先】
化学工業日報社 企画グループ
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

キャンセルにつきましては、開催日の前日までにその旨ご連絡をいただくか、代理の方の受講をお願いいたします。開催当日のキャンセルはお受けできません。
欠席の方には後日資料を郵送させていただき、出席と替えさせていただきます。
なお受講料につきましては、後日請求書をお送りさせていただきますので請求書に記載の指定口座へお振込ください。

セミナーの最新記事もっと見る