《米国化学物質セミナー》
『基礎から学ぶ米国化学物質規制・環境・安全衛生法講座』

〔主催〕化学工業日報社

米国の化学品規制、環境法、労働安全衛生法、カリフォルニア州法などを基礎から学ぶことを目的としたセミナーです。主に改正TSCAを含む化学物質規制、連邦環境法(EPA)、連邦労働安全衛生法(OSHA)、カリフォルニア州プロポジション65などに焦点をあてて学習します。米国での業務経験が豊富な講師が、実務に沿ってわかりやすく解説をします。

【講師】エンバイロメント・ジャパン株式会社 代表 玉虫 完次 氏

■プログラム
第1講(13:00-14:15)
『連邦環境法(EPA):連邦労働安全衛生法(OSHA)の基礎と対応時の留意点』
 ・連邦環境法EPA:有害物質管理法(TSCA),大気浄化法(CAA),水質浄化法(CWA),
  有害物質規制(RCRA)などの概要説明
 ・連邦安全衛生法(OSHA):危険有害性周知基準(HCS:SDS, ラベルなど),
  個人暴露,暴露測定方法,保護具などの概要説明
 ・輸入時および米国内流通時の留意点

第2講(14:20-15:30)
『化学物質関連規制の基礎と対応方法』
 ・TSCA(新規化学物質申請),PMN/LVE等の申請書作成の基礎と留意点・
  TSCA改正による既存化学物質規制の留意点,TSCAインベントリーリセット,
  CBI,リスク評価などの動向
 ・2020年CDR報告の準備方法・輸入時の留意点

≪休憩(15:30-15:40)≫

第3講(15:40-16:45)
『カリフォルニア州の基礎と対応方法(プロポジション65などの説明)』
 ・連邦法違反時の是正方法(違反是正のシミュレーション)

Q&A(16:45-17:00)

【講師略歴】
米国バンダービルト大学大学院Ph.D.化学、米国化学学会ケミカルアブストラクトサービス(CAS)
米国松下電器 環境マネージャー(製品および工場操業関連法規制支援業務担当)
P&G・ファー・イースト・インク アジア・パシフィック、プロフェッショナル法規制サービス、環境品質マネージャー
米大手グローバル環境コンサルティング会社シニアマネージャーを経て現職コンサルタント
化学物質管理、海外化学品および電子部品関連法規制スペシャリスト
JETRO新輸出大国エキスパート(機械・環境分野)

■開催要項
【受講料】1名につき25,000円+税

<東京会場>
【日時】2019年1月24日(木)13:00-17:00
【会場】エッサム神田ホール2号館6階 2-601(東京都千代田区内神田3-24-5)

  【東京会場にお申込】

<大阪会場>
【日時】2019年1月25日(金)13:00-17:00
【会場】大阪科学技術センター7階 701号室(大阪市西区靭本町1-8-4)

  【大阪会場にお申込】

【本セミナーのお問い合わせ先】
化学工業日報社 企画部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

キャンセルにつきましては、開催日の前日までにその旨ご連絡をいただくか、代理の方の受講をお願いいたします。開催当日のキャンセルはお受けできません。
欠席の方には後日資料を郵送させていただき、出席と替えさせていただきます。
なお受講料につきましては、後日請求書をお送りさせていただきますので請求書に記載の指定口座へお振込ください。

セミナーの最新記事もっと見る