《中国法規制セミナー》
『中国食品接触材料規制の最新動向』

〔主催〕化学工業日報社

2017年に中国では食品接触材料のポジティブリストが導入されました。また2018年3月の政府改革により、主管当局であった国家質検総局(AQSIQ)がなくなり、国家市場監督管理総局と税関総署が新しく主管当局として生産、流通および輸出入の監督管理を行ってきました。そして先ごろプラスチック製品の国家標準(GB)から食品安全法までの改正意見が出され、現行法の改正は迫られています。今回のセミナーでは、中国の有力なコンサルタントREACH24H社を招き最新の情報を提供します。

■講演要旨(中日逐次通訳付き)

第1講(13:00-14:30)
『中国食品接触材料に関する法規制の最新動向』
 中国REACH24Hコンサルティング・グループ 食品法規諮詢師 王 芳 氏

≪休憩(14:30-14:45)≫

第2講(14:45-15:45)
『日本企業が取るべき対応』
 中国REACH24Hコンサルティング・グループ 食品事業部 マネージャー 陳 王芳 氏

Q&A(15:45-16:30)

■開催要項

【受講料】1名につき28,000円+税

<東京会場>
【日時】2019年2月19日(火)13:00-16:30
【会場】エッサム神田1号館3階『301大会議室』(東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2)

【本セミナーのお問い合わせ先】
化学工業日報社 企画部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

キャンセルにつきましては、開催日の前日までにその旨ご連絡をいただくか、代理の方の受講をお願いいたします。開催当日のキャンセルはお受けできません。
欠席の方には後日資料を郵送させていただき、出席と替えさせていただきます。
なお受講料につきましては、後日請求書をお送りさせていただきますので請求書に記載の指定口座へお振込ください。

セミナーの最新記事もっと見る