《台湾化学品規制セミナー》
『改正 新規化学物質及び既存化学物質資料登録弁法の解説と対応』

〔主催〕化学工業日報社

2019年3月11日、台湾環境保護署は正式に「新規化学物質及び既存化学物質資料登録弁法(修正)」を公布しました。これにより2020年1月1日から106の登録対象既存化学物質において標準登録が義務付けられるなど対応が求められます。今回のセミナーでは現地の状況に詳しい専門家を招き最新の情報をご提供いたします。

■講演要旨

第1講(13:00~13:50)
『台湾化学物質規制の概要』
毒性及び懸念化学物質管理法、職業安全衛生法 他
株式会社住化分析センター クライアントサービス本部 健康・安全事業部 課長代理 片江 等 氏

第2講(14:00~15:30)
『改正 新規化学物質及び既存化学物質資料登録弁法の解説-改正点を中心に』
株式会社住化分析センター クライアントサービス本部 健康・安全事業部 課長 中島 望 氏

第3講(15:40~16:10)
『企業がとるべき対応』
片江 等 氏

Q&A(16:10~16:50)

■開催要項

【受講料】1名につき25,000円+税

<東京会場>
【日時】2019年6月17日(月)13:00~16:50
【会場】アイビーホール3階『ナルド』(東京都渋谷区渋谷4-4-25)

  【東京会場にお申込】

<大阪会場>
【日時】2019年6月20日(木)13:00~16:50
【会場】大阪科学技術センター4階『405号室』(大阪市西区靭本町1-8-4)

  【大阪会場にお申込】

【本セミナーのお問い合わせ先】
化学工業日報社 企画部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

キャンセルにつきましては、開催日の前日までにその旨ご連絡をいただくか、代理の方の受講をお願いいたします。開催当日のキャンセルはお受けできません。
欠席の方には後日資料を郵送させていただき、出席と替えさせていただきます。
なお受講料につきましては、後日請求書をお送りさせていただきますので請求書に記載の指定口座へお振込ください。

セミナーの最新記事もっと見る