《SDSセミナー》
『JIS改正のポイントと新ガイドラインに基づくラベル・SDS作成要領』

〔主催〕化学工業日報社

わが国においてはGHSに関連するJIS Z7252/Z7253に基づいてラベル・SDSを作成することが義務付けられています。今年5月、この2つのJISがGHS改訂6版に準拠した形で改正されました。これに伴い、日本化学工業協会は「GHS対応ガイドライン ラベル及び表示・安全データシート作成指針」を再編、ラベル・SDSの作成をより実務に即した形でまとめています。今回、JIS改正のポイントと新ガイドラインに基づくラベル・SDSの作成について専門家に解説していただきます。

■講師とテーマ

【講師】一般社団法人日本化学工業協会 化学品管理部 兼 環境安全部 部長 靍谷 泰之 氏

第1講(13:00~14:30)
『JIS Z7252/Z7253改正のポイント』

第2講(14:40~16:10)
『新GHS対応ガイドラインに基づくラベル・SDS作成要領』

Q&A(16:10~16:50)

■開催要項

【受講料】1名につき25,000円+税

<東京会場>
【日時】2019年9月3日(火)13:00~16:50
【会場】薬業健保会館6階 講堂(東京都千代田区永田町2-17-2)

<大阪会場>
【日時】2019年9月12日(木)13:00~16:50
【会場】大阪科学技術センター4階『401』(大阪市西区靭本町1-8-4)

【本セミナーのお問い合わせ先】
化学工業日報社 企画部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

キャンセルにつきましては、開催日の前日までにその旨ご連絡をいただくか、代理の方の受講をお願いいたします。開催当日のキャンセルはお受けできません。
欠席の方には後日資料を郵送させていただき、出席と替えさせていただきます。
なお受講料につきましては、後日請求書をお送りさせていただきますので請求書に記載の指定口座へお振込ください。

セミナーの最新記事もっと見る