《リスクセンス向上セミナー》
『作業前の危険予知、発災後の的確な対応を!』

主催 化学工業日報社/協力 リスクセンス研究会

事故(トラブル)は無くなりません。事故防止のために実践的な、どう判断・行動するかの力を習得するケースメソッド研修法を自社展開するためのスキル、ノウハウを習得しませんか?現場RSケースメソッド研修®法は、事故事例を教材に①作業着手前の危険予知能力と②事故発生時の対応(レジリエンス)力の向上を目的とします。グループ討議を通してノンテクニカルスキル、すなわちコミュニケーション力とリーダーシップの習得も目指します。本研修では三菱ケミカルで製造部門を25年経験した講師が研修インストラクターを養成します。

■講師とテーマ

<講義>(13:00~13:20)
『ケースメソッド法が拓くこれからの教育・研修』
NPOリスクセンス研究会 副理事長 中田 邦臣 氏

<グループ討議>
講師:リスクセンス研究会 長瀬 穂積 氏(元 三菱ケミカル)
ケース①(13:20~14:50)
『フランジ解放作業時に内容物が飛散した』
 ・研修を体験していただくとともに、講師としての研修実施のツボを伝授します

《休憩(14:50~15:00)》

ケース②(15:00~16:30)
『反応槽から液抜き時に静電気で着火した』
 ・各社の実態/状況を念頭に置いて、研修を体験してください

まとめ(16:30~16:50)

グループ討議の流れ(1グループ5~6人を想定)
 ①講師から作業チームが所属する組織の運営状態などを織り込んだ事故事例の説明 ⇒ 
 ②作業着手前の危険予知 ⇒ ③事故発生時の対応 ⇒ ④事故発生原因の推定 ⇒ 
 ⑤討議結果発表・講評

■開催要項

【受講料】1名につき27,000円+税
【日 時】2019年10月4日(金)13:00~16:50
【会 場】株式会社化学工業日報社5階 『会議室』(東京都中央区日本橋浜町3-16-8)
【定 員】18名
【推奨される受講対象者】生産現場の安全教育・研修担当者、中間管理職または製造、運転、保全や環境安全、保安防災等に従事されているか現場の状況に理解がある方

  【お申し込みフォーム】

【本セミナーのお問い合わせ先】
化学工業日報社 企画部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

キャンセルにつきましては、開催日の前日までにその旨ご連絡をいただくか、代理の方の受講をお願いいたします。開催当日のキャンセルはお受けできません。
欠席の方には後日資料を郵送させていただき、出席と替えさせていただきます。
なお受講料につきましては、後日請求書をお送りさせていただきますので請求書に記載の指定口座へお振込ください。

セミナーの最新記事もっと見る