『サーキュラーエコノミーの世界的最新動向と化学企業の対応を考察』

〔主催〕化学工業日報社

これまでの大量に資源を採掘し大量生産から消費というリニアエコノミー(直線型経済)への限界を感じた欧米企業を中心に、資源を最適化し収益を生み出すサーキュラーエコノミー(循環型経済)へ移行する動きが加速化しております。

わが国においても2020年10月に菅義偉首相が「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と宣言するなど、循環型社会への期待が高まっています。

当セミナーではサーキュラーエコノミーに関する欧米企業の取り組み、化学企業がいかにビジネスへ取り込めるか、先端事例などを多角的に解説します。

講演要旨

講師とテーマ

第1講義
【前半】13:30~13:55
「日本企業は、どのようにサーキュラーエコノミーに対応すべきか」
PwCあらた有限責任監査法人
ディレクター(サステナビリティ担当)
山崎 英幸氏

・サーキュラーエコノミーの概念
・気候変動緩和方針としてのサーキュラーエコノミー
・サーキュラーエコノミービジネスモデルの利点
・サーキュラーエコノミー戦略の事例
・サーキュラーエコノミーへの取り組みを高度化していくためのポイント

講義詳細
本レポートでは、まず、サーキュラーエコノミーの概念を説明し、サーキュラーエコノミーが気候変動対策の観点から、いかに重要であるかを示します。
次に、原材料を大量に使用し、生産時のCO2排出削減が重要な課題となっている、自動車、食品・飲料、消費財メーカーのサーキュラーエコノミーへの取り組みを日本企業と海外企業とで調査・比較した結果を示します。
その上で、サーキュラーエコノミーへの取り組みを高度化していくためのポイントを日本企業への示唆として提示します。

  【後半】13:55~14:20
「サーキュラーエコノミー:化学産業の競争優位を築く新たな源泉」
PwCコンサルティング合同会社
ストラテジーコンサルティング(Strategy&Consulting)マネージャー
岡本 啓吾氏

・化学企業にとっての重要性
・サーキュラーエコノミーへの移行
・化学産業の競争上の優位
・循環型の調達
・サーキュラーエコノミーモデル・対面産業への提供価値の事例
・循環型製品とリサイクル
・循環型戦略の導入のポイント

〇質疑応答(山崎氏、岡本氏)

――――――――――――――――――――――――――――――
第2講義 14:40~15:30
「 価値の創造と再生 -PRODUCE & RECYCLE- 」
株式会社hide kasuga 1896
代表取締役 / 博士(工学)
春日 秀之氏

春日 秀之氏 プロフィール
博士(工学)。 (株)hide kasuga 1896 を中核とするhide kasuga グループ代表。“価値の創造と再生”をコンセプトに素材を軸としたサーキュラーエコノミーの構築を推進するhide kasugaグループの代表。シンクタンク〈 hide kasuga 1896 〉では、ブランド開発からマーケティングまで幅広いコンサルティングサービスを提供。自社事業としては2つのサーキュレーションブランド〈 BLANC BIJOU PARIS (PTFE) 〉〈 hide k 1896(コンポジット・テキスタイル)と素材のギャラリー〈 gallery de kasuga (東京・表参道) 〉を運営。信州大学国際科学イノベーションセンター内に開設した研究所〈 hide kasuga LABO 〉では、素材の適用開発からリサイクルの技術開発を実施している。

[経歴]
長野県長野市出身。1999年東京工業大学大学院修士課程修了。2000年大手複合材メーカーに入社し、社命によりエクス=マルセイユ大学に留学。その後、パリの研究所に駐在。2006年に家業のNiKKi Fron(株) に入社、 2009年に代表取締役に就任。2012年に独立し(株)hide kasuga1896を創業。早稲田大学 理工学術院総合研究所 客員講師・客員研究員

・マテリアルを軸としたサーキュラーエコノミー
・循環、分離、分解に基づいた素材の設計思想と技術開発
・資源、研究、市場、生活様式のバランス
・サーキュレーションブランドの紹介
A:PTFEブランド「BLANC BIJOU」
B:コンポジットテキスタイルブランド「hide k 1896」
・サーキュラーエコノミーを体感できるギャラリー「gallery de kasuga」とは

〇質疑応答

――――――――――――――――――――――――――――――
第3講義 15:40~16:30
「三井化学におけるサーキュラーエコノミーの取り組み」
三井化学株式会社
ESG推進室長
右田 健氏

・ESG推進方針
・気候変動緩和方針としてのサーキュラーエコノミー
・サーキュラーエコノミー社会実現に向けた気候変動対応・プラスチック戦略(カーボンニュートラル、バイオマス、リサイクル)
・ライフサイクルアセスメント視点の重要性とBlue Value®/Rose Value®
・バリューチェーンの視点に立った「創って魅せる」モノづくり(デザインソリューションセンター/CoE体制)

〇質疑応答

――――――――――――――――――――――――――――――

開催要項

【受講料】1名につき25,000円+税
【開催日時】2021年3月10日(水)13:30~16:30 【開場13:15~】
 本セミナーはライブ配信によるオンラインセミナーになります
【申込締切日】2021年3月8日(月)17:00
【受講要件】 既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)の利用が可能であること、もしくはビデオ会議ツール「Zoom」アプリ(無料)のインストールが可能な方

受付を終了しました。

≪オンラインセミナー開催にあたり主催者からのお知らせ≫
・弊社のオンラインセミナーは、既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)ならびにビデオ会議ツール「Zoom」を利用したライブ配信です。パソコン、タブレット、スマートフォンでご視聴いただけます。
・開催日の前日までに、視聴するために必要なURLとパスワード、講演資料(PDFファイル)をメールにてお送りいたします。
【留意点】
・オンラインセミナーはインターネット経由のライブ配信であり、受講側の回線状態や使用機器の状態などにより画像や音声が乱れる場合があります。あらかじめ、受講する前に下記ホームページにて、ご使用されるデバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)の仕様やネットワーク回線について必ずご確認をお願いします。なお、視聴に用いるデバイスならびに、その設定は受講者側でご調整ください。主催者側では、それらのサービス利用に関するサポートはできかねます。

~PC、Mac、Linuxのシステム要件~
(視聴する時のデバイスやネットワーク回線の要件が確認できます)
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux

~既存のブラウザから参加する方法~
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/214629443

・受講者側のシステムトラブル等により画像・音声に問題が生じ、受講できなかった場合、受講料の返金はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
・主催者側で異常等が認められると判断した場合は、該当者に対するオンラインセミナー配信を予告なく切断する場合がございます。
・お申込みをしていない方が、視聴用URLを取得し、オンラインセミナーに参加しようとしても、受講許可されません。視聴用URLの転送は無効となりますのでご注意ください。
・複数のデバイスを同時に使って受講することはできません。
・万が一、主催者側のシステムの不具合等により開催を中止した場合には、対応方法を含め主催者より後日ご連絡させていただきます。
・内容と講演者は予告なく変更される場合があります。
【禁止事項】
・受講時における録画・録音・キャプチャー取得などによるデータ保管を禁止します。SNSや他ウェブサイトへの掲載も禁止します。違反行為を発見した場合、主催者は削除を要求します。
・オンラインセミナーの視聴用URLを第三者へ転送し受講させることは禁止します。
・オンラインセミナー受講時に知りえた個人情報などは、当該オンラインセミナー内のみに限り、他への口外を禁止します。
・講演資料は参加者のみのご利用に限定させていただきます。他への転送、ウェブサイト等への掲載は禁止します。

以上の違反行為を発見した場合、今後の弊社セミナー、オンラインセミナーの受講をお断りさせていただきます。
お申し込み後のキャンセル につきましては、開催日2日前までにご連絡をお願いいたします(受講料をご返金いたします)。
開催日前日および当日のキャンセルはできません(受講料は返金いたしません)。

オンラインセミナーの最新記事もっと見る