6/21ライブ配信《ビジネスセミナー》
『知財が利益を生み出すための、「条件」作りと「仕組み」作り』~知財・無形資産の投資・活用における「開示」と「ガバナンス構築」のすすめ方~

■開催趣旨
講師が専門とする中国知財の最前線では、絵に描いた餅ではなく、実際に権利行使を検討する場面が非常に多いですが、知財戦略の不具合で権利行使を断念せざるを得ない、あるいは権利行使が成功しても利益につながらないことも少なくありません。

この原因を探るために日本の特許庁で勤務しましたが、前述のマクロ的な知財戦略の問題とは別に、ミクロの問題として権利生成過程にも問題があることが分かりました。これらを総合すると、いま必要なのは、「適切な知財戦略」とそれに沿った「知財権の獲得」であり、それらを実現するための「知財活用のための『条件』作りと『仕組み』作り」が必要であると考えられます。

昨今、コーポレートガバナンス・コードが改訂され、知財・無形資産の投資・活用による企業価値の向上、競争力の向上が叫ばれていますが、これも同じ課題意識に基づくものと考えられます。
知財の活用については課題が多い状況ですが、逆に言えば、伸びしろが大きく、企業価値・事業価値を大きく伸ばせる余地があるとも言えます。本セミナーでは法律論だけではなく、権利行使の最前線での課題から逆算した実効性のある具体的な知財活用の考え方をご紹介いたします。

【講師】
 弁護士法人キャストグローバル 
 キャストグローバル国際特許商標事務所 
上海致昇商務諮詢管理有限公司 董事長
 弁護士・弁理士 島田敏史 氏

  • 「知財」「中国」を専門とする日本国弁護士・弁理士。
  • 2011年に渡中後、知財案件に関して2,000件以上の案件に関与。
  • 中国調査会社の経営者を務め、自前の調査員による調査・証拠収集・公証手続から摘発、審判・訴訟といった法的対応までワンストップで対応。クリアランス等の中国知財予防法務についても実績多数。
  • 特許庁審判部での勤務経験を活かし、コストを上げずに弁護士による明細書チェックを仕組み化し、権利行使できる強い権利を作る新たな出願モデルで日系企業をサポート。
    技術企業の高収益化をコンセプトとした法務知財サポートサービス「AGERU」(https://www.st-lawyer.biz/ageru)で日系企業を支援。

■セミナー内容 (13:30~17:00) 途中に休憩時間を設定します。

1.知財を利益につなげるための道筋
(1)「知財」と「知財権」が利益につながっていない現状
(2)「知財」と「知財権」が利益につながっている状態とは
(3)知財を利益につなげるための知財戦略
(4)知財活用による企業価値の向上
(5)知財権活用による競争力の向上
(6)「仕組み」の作り方 ~トップダウンとボトムアップ~
(7)コーポレートガバナンス・コード(CGC)改訂を契機とした仕組み作り

2.まずは誤解をなくすことから
(1)「特許=技術」は嘘である
(2)「よい発明=よい特許」は嘘である
(3)「よい発明は出願すべき」は嘘である
(4)「特許は財産になる」は嘘である
(5)「特許庁は特許の専門家」は嘘である
(6)「弁理士は特許の専門家」は嘘である
(7)「特許庁」と「裁判所」の違い
(8)「審判」と「訴訟」の違い

3.知財が活きる必要条件
(1)知財・無形資産ガバナンス
(2)IPランドスケープ
(3)競争戦略と特許の関係
(4)競争戦略とVRIO 分析
(5)VRIO 分析と特許の関係
(6)競争戦略とは別の観点での特許の意義
(7)特許の活きる必要前提条件

4.知財活用の「仕組み」
(1)知財・無形資産ガバナンスの「仕組み」
(2)知財の創出、獲得の「仕組み」
(3)特許の評価の「仕組み」
(4)特許の質向上の「仕組み」

5.明日からやるべきこと
(1)企業価値と競争力を上げるための活動
(2)社内への知財の理解の浸透
(3)強い権利を作るための「仕組み」作り

■開催要項

【受講料】1名につき27,500円(税込み)
【開催日時】2022年6月21日(火)13:30~17:00(入室13:15~)
      本セミナーはライブ配信によるオンラインセミナーになります
申し込み締切】2022年6月16日(木)17:00
【主催】化学工業日報社
【受講要件既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)の利用が可能であること、もしくはビデオ会議ツール「Zoom」アプリ(無料)のインストールが可能な方

お申し込みはこちら

≪オンラインセミナー開催にあたり主催者からのお知らせ≫
・弊社のオンラインセミナーは、既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)ならびにビデオ会議ツール「Zoom」を利用したライブ配信です。パソコン、タブレット、スマートフォンでご視聴いただけます。
・開催日の前日までに、視聴するために必要なURLとパスワード、講演資料(PDFファイル)をメールにてお送りいたします。
【留意点】
・オンラインセミナーはインターネット経由のライブ配信であり、受講側の回線状態や使用機器の状態などにより画像や音声が乱れる場合があります。あらかじめ、受講する前に下記ホームページにて、ご使用されるデバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)の仕様やネットワーク回線について必ずご確認をお願いします。なお、視聴に用いるデバイスならびに、その設定は受講者側でご調整ください。主催者側では、それらのサービス利用に関するサポートはできかねます。

~PC、Mac、Linuxのシステム要件~
(視聴する時のデバイスやネットワーク回線の要件が確認できます)
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux

~既存のブラウザから参加する方法~
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/214629443

・受講者側のシステムトラブル等により画像・音声に問題が生じ、受講できなかった場合、受講料の返金はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
・主催者側で異常等が認められると判断した場合は、該当者に対するオンラインセミナー配信を予告なく切断する場合がございます。
・お申込みをしていない方が、視聴用URLを取得し、オンラインセミナーに参加しようとしても、受講許可されません。視聴用URLの転送は無効となりますのでご注意ください。
・複数のデバイスを同時に使って受講することはできません。
・万が一、主催者側のシステムの不具合等により開催を中止した場合には、対応方法を含め主催者より後日ご連絡させていただきます。
・内容と講演者は予告なく変更される場合があります。
【禁止事項】
・受講時における録画・録音・キャプチャー取得などによるデータ保管を禁止します。SNSや他ウェブサイトへの掲載も禁止します。違反行為を発見した場合、主催者は削除を要求します。
・オンラインセミナーの視聴用URLを第三者へ転送し受講させることは禁止します。
・オンラインセミナー受講時に知りえた個人情報などは、当該オンラインセミナー内のみに限り、他への口外を禁止します。
・講演資料は参加者のみのご利用に限定させていただきます。他への転送、ウェブサイト等への掲載は禁止します。

以上の違反行為を発見した場合、今後の弊社セミナー、オンラインセミナーの受講をお断りさせていただきます。
お申し込み後のキャンセルにつきましては、開催日2日前までにご連絡をお願いいたします(受講料をご返金いたします)。
開催日前日および当日のキャンセルはできません(受講料は返金いたしません)。
なお受講料につきましては、後日請求書をお送りさせていただきますので請求書に記載の指定口座へお振込ください。

【本セミナーのお問い合わせ先】
化学工業日報社 営業部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861
メールはこちらへ

オンラインセミナーの最新記事もっと見る