ライブ配信《保安安全セミナー》
『ノンテクニカルスキル向上セミナー(演習)』

〔主催〕化学工業日報社

 「ノンテクニカルスキル」とは、テクニカルスキルを補って完全なものとし、安全かつ効率的な業務の遂行に寄与するスキルをいいます。このスキルは、《状況認識》《コミュニケーション》《リーダーシップ》《言い出す勇気》《声かけ》《振り返り》《権威勾配の克服》などより構成され、ヒューマンファクターに係るエラーを防止し、安全を確保していくために、現場が(指示する方も)持つべきスキルといえます。
 近年、その教育効果を上げるための方策として、演習が多用されています。本セミナーは、これらの演習の体験セミナーという位置づけです。主な演習をインストラクターの方が体験し、習得することを目的とします。また、その基礎となるリーダーシップや、行動特性との関係についても話します。
 それぞれの教室は、様々な事故原因調査から集約された原因に対応しており、その種の事故抑制に貢献できるようになることを目的として作成されています。

■講演要旨

講師:化学工学会 安全部会 南川忠男 氏
【1日目】7月5日(火)

教室1『言い出す力(アサ-ション)と聞く力(傾聴力)の行動特性評価』(10:00~11:00)
1)言い出す力と聞く力の自己評価の意義の話
2)言い出す力と聞く力のやりかた説明
3)言い出す力と聞く力の音声再生で自己評価
4)言い出す力と聞く力の向上策の講師解説
5)まとめ

内容紹介  「言い出す力(アサ-ション)」と「聞く力(傾聴力)」は、コミュニケーションの中で重要な要素に属すものです。この力の不足を原因として多くの事故が起こっています。自分がどの位置にいるかを知ることが、自己認識を強化する第一歩となります。この行動特性を自己評価できるツールは、2018年2月にAGC千葉工場とJXTGエネルギー根岸製油所(当時)が共同開発したものです。

教室2『言い出す勇気をもとう』(11:10~12:10)
1)チームエラー発生のメカニズム(なぜ起こるか)
 ・言い出すことの必要性
 ・社会心理学の責任の分散や多数の無知/ 評価懸念の行動
2)傾聴力と言い出す力の関係
 ・「人はなぜ意見や情報を言わないか」の理由構造

内容紹介  「ひとこと言っておけばよかった」「知っていると思った」など、声をかけておけば正しい手順で作業ができ、トラブルが発生しなかったのに…と悔やむ経験が皆様にもあろうかと思います。「沈黙は金」ではなくなったといえるでしょう。社会心理学の「責任の分散」や「多数の無知」を知り、その事例から学び、「言い出すことが大切であること」を認識できる教材です。

【2日目】7月12日(火)

教室3『とっさの行動防止と若年層教育の必要性と実績』(10:00~11:10)
1)入社5年未満教育の意義
2)人間の脳の発達の特徴の説明
3)とっさの行動を起こす原因
4)とっさの行動を防ぐ「あなたならどうする演習」2題
5)若年層教育の必要性と実績
6)質疑応答

内容紹介  近年、全体に占める新入社員の割合が高まったせいか、入社5年未満の方々の労災を含むトラブルが増加する傾向がみられます。事業所には、若年層特有の行動・言動特性を認識し、その特性が発現しにくくなるように教育することが求められます。そのためには、脳の発達過程を理解し、若年層にそのことを伝える必要があります。本セミナーでは、それを認識してもらうために、「あなたならどうする演習」の形式で、とっさの行動が原因の事故を題材に、3人一組で意見交換し、その防止策について話し合っていただきます。とっさの行動の抑制を意識してもらうことが重要です。この演習を実施済みの事業所の成果についてもお話しします。

教室4『リーダーシップについて』(11:20~12:00)

内容紹介  部下の成熟度に応じたリーダーシップの作用について、ハーシー&ブランチャードのSL Situational Leadership理論に沿って説明し、下記の各段階での作用スキルについて解説します。
1)リーダーシップの内容
2)働きかけスキル
3)オープンなコミュニケーションスキル
4)連携構築スキル
5)フォロアーシップスキル
6)人材育成スキル

【3日目】7月19日(火)

教室5『きまりを守る大切さ』(10:00~11:15)
1)人はなぜきまりを守らないか・守れないか(8パターン)
2)きまりを守らなかった告白
3)AGC千葉工場各部署の規律遵守性向上の取り組み
  スモールミーティングの実施
4)きまりを守る教育から横串管理の展開までのPDCA
5)質疑応答

内容紹介  規律遵守性を向上させることは、産業界の永遠の課題です。従業員の意識を向上させる方法に王道はありません。地道にコツコツと話し合い、意見交換を行い、その気にさせる丁寧な意識改革・横展開を実施し続けることで、その部署の「広い意味での安全文化」が構築されるのです。
 本セミナーでは、きまりを守る教育から横串管理の展開までのPDCAについて解説します。
 個人の意識は個々で異なります。「やらせる」「聞かせる」「教える」のではなく、個別特性に応じて「やる」「考える」「気づく」という環境を整備することが肝要です。

教室6『レゴ組み立て演習(演習の紹介のみ)』(11:25~11:40)
1)このゲームのねらい
2)やり方説明
3)実績と振り返りシートの紹介

内容紹介  「レゴ組み立て」演習は、どのようにすれば「良い段取りで仕事ができるか」あるいは「良い《都度認識合わせ》ができるか」について、組み立て作業を通じて参加者に議論してもらうことを目的として開発した演習です。ノンテクニカルスキルの第一カテゴリーの「状況認識」、第二カテゴリーの「コミュニケーション」、第三カテゴリーの「チームワーク」及び第四カテゴリーの「意思決定」が学習対象となり、ノンテクニカルスキルの大部分の要素を総合的に関係させた演習となります。 特に仕事を開始する前の段取りは、集団での意思決定の良否に影響するものです。

教室7『ノンテクニカルスキルと行動特性の関係』(11:40~12:00)

内容紹介  ノンテクニカルスキルと行動特性は、関係が深いものです。状況認識の中の「思い込み」「警戒心の維持のための注意力」、コミュニケーションやチームワーク上で重要な「傾聴力」や「言い出す力の向上」を目指すため、気づきを促進し、行動変容に導く「自己を知れば事故が減る」活動ガイドについて話します。

【4日目】7月26日(火)

教室8『注意深くなろう!』(10:00~11:00)
1)この教育の意義
2)注意力の性質とミス防止方法
3)注意力に関する「あなたならどうする演習」
4)注意力の自己評価と事例紹介(事例研究含む)

内容紹介  注意力には、主に「とぎれる」「それる」「ゆれる」という3つの性質があります。それぞれの性質に対応した、ミス防止の実践的な方法を教育することが必要です。注意力が不足がちだった人が注意深くなると、将来的にどのように変わるかについてもお話しします。
 「あなたならどうする演習」では、注意力不足の実際の事例を題材に、3人一組で取り組んでいただきます。意見交換し、注意深くなる気付きを促進していただきます。
 注意力の自己評価(25の設問に回答)を実施することで、自身がどのタイプに分類されるかがわかり、タイプ別の行動指針が示されます。受講者には、個人目標を設定し、半年後に振り返ることを推奨します。
 既に注意力の自己評価を実施済みの事業所における、「注意力」と「労災」、「注意力」と「年齢」の相関についても解説します。

教室9『考えてから行動しよう!』(11:10~12:00)
1)Fast思考とSlow思考について
2)人間の脳の発達の特徴の説明
3)とっさの行動を起こす原因
4)とっさの行動を防ぐ「あなたならどうする演習」2題

内容紹介  人間の思考パターンには2通りあります。「慎重に考えて行動するケース」と「直観的あるいは本能的行動するケース」です。
 事故の当事者が過去を振り返る際には、「よく考えてやればよかった」という反省の声がよく聞かれます。長年の繰り返し作業や、同じ職場での作業が続き思考パターンが固定化してくると、パターン化に陥りやすくなります。「ベテランは作業が早い」と言われるのは、定型化した経験の蓄積があるからですが、考えずに行動する割合は9割とも言われています。
 そこで、考えてから行動する習慣の重要性を認識していただき、それを身に着けるためのプログラム、気付きを促進するプログラムを考案しました。形式的に行ったとっさの行動が原因で発生した事故を題材に、3人一組で意見交換していただき、考えてから行動する大切さをしっかりと認識してもらいたいと考えています。

※教室3、8、9の「あなたならどうする演習」では、3~4人を一組として簡単な意見交換をしていただきます。弊社側の判断でグループ分けいたします。
 Zoomのブレイクアウトルーム機能を活用します。受講者間でwebミーティングをしていただく形となります。話し合いの結果を代表者に発表いただくケースもございます。

■開催要項

【受講料】
(4日間すべて受講)1名につき93,500円(税込み)
(3日間受講)1名につき71,500円(税込み)
(2日間受講)1名につき49,500円(税込み)
(1日間受講)1名につき27,500円(税込み)

【受講特典】
1日目(7月5日)の受講者は、当日使用される音声CDを割引価格(定価22,000円[税込み]の2割引)で購入することができます。弊社事務局宛てにご連絡ください。

【開催日時】
1日目:2022年7月5日(火)10:00~12:10(入室9:45~)
2日目:2022年7月12日(火)10:00~12:00(入室9:45~)
3日目:2022年7月19日(火)10:00~12:00(入室9:45~)
4日目:2022年7月26日(火)10:00~12:00(入室9:45~)
※本セミナーはライブ配信によるオンラインセミナーになります

【申込締切】
各開催日の3営業日前の17時

【受講要件】
既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)の利用が可能であること、もしくはビデオ会議ツール「Zoom」アプリ(無料)のインストールが可能な方

(4日間受講)お申し込みはこちら

(3日間受講)お申し込みはこちら

(2日間受講)お申し込みはこちら

(1日間受講)お申し込みはこちら

≪オンラインセミナー開催にあたり主催者からのお知らせ≫
・弊社のオンラインセミナーは、既存の「インターネットブラウザ」(インターネットエクスプローラー(IE)を除く)ならびにビデオ会議ツール「Zoom」を利用したライブ配信です。パソコン、タブレット、スマートフォンでご視聴いただけます。
・開催日の前日までに、視聴するために必要なURLとパスワード、講演資料(PDFファイル。資料配布がない教室もございます)をメールにてお送りいたします。
【留意点】
・オンラインセミナーはインターネット経由のライブ配信であり、受講側の回線状態や使用機器の状態などにより画像や音声が乱れる場合があります。あらかじめ、受講する前に下記ホームページにて、ご使用されるデバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)の仕様やネットワーク回線について必ずご確認をお願いします。なお、視聴に用いるデバイスならびに、その設定は受講者側でご調整ください。主催者側では、それらのサービス利用に関するサポートはできかねます。

~PC、Mac、Linuxのシステム要件~
(視聴する時のデバイスやネットワーク回線の要件が確認できます)
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux

~既存のブラウザから参加する方法~
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/214629443

・受講者側のシステムトラブル等により画像・音声に問題が生じ、受講できなかった場合、受講料の返金はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
・主催者側で異常等が認められると判断した場合は、該当者に対するオンラインセミナー配信を予告なく切断する場合がございます。
・お申込みをしていない方が、視聴用URLを取得し、オンラインセミナーに参加しようとしても、受講許可されません。視聴用URLの転送は無効となりますのでご注意ください。
・複数のデバイスを同時に使って受講することはできません。
・万が一、主催者側のシステムの不具合等により開催を中止した場合には、対応方法を含め主催者より後日ご連絡させていただきます。
・内容と講演者は予告なく変更される場合があります。
【禁止事項】
・受講時における録画・録音・キャプチャー取得などによるデータ保管を禁止します。SNSや他ウェブサイトへの掲載も禁止します。違反行為を発見した場合、主催者は削除を要求します。
・オンラインセミナーの視聴用URLを第三者へ転送し受講させることは禁止します。
・オンラインセミナー受講時に知りえた個人情報などは、当該オンラインセミナー内のみに限り、他への口外を禁止します。
・講演資料は参加者のみのご利用に限定させていただきます。他への転送、ウェブサイト等への掲載は禁止します。

以上の違反行為を発見した場合、今後の弊社セミナー、オンラインセミナーの受講をお断りさせていただきます。
お申し込み後のキャンセル につきましては、開催日3営業日前(土日祝除く)までにご連絡をお願いいたします(受講料をご返金いたします)。
以後のキャンセルは受け付けません(受講料は返金いたしません)。

オンラインセミナーの最新記事もっと見る