化学の日/化学週間記念フォーラム2019
「化学から未来を 化学の可能性」

■□■ 開催概要 ■□■

【開催日時】2019年10月23日(水)13:10-16:30(12:30~開場)
【開催場所】学術総合センター「一橋講堂」(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
      ・東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅
       (A8・A9 出口)徒歩4分
      ・東京メトロ東西線 竹橋駅(1b 出口)徒歩4分
【主  催】株式会社 化学工業日報社
【後  援】公益社団法人 日本化学会/一般社団法人 日本化学工業協会/
      公益社団法人 化学工学会/公益社団法人 新化学技術推進協会
【参 加 費】無料(定員350名)
      ※当ホームページより参加登録をお願いします

■□■ 開催趣旨概要 ■□■

 化学工業日報社は10月23日、東京・千代田区の一橋講堂で「化学の日/化学週間」を記念したフォーラムを開催します。6回目となる今回は化学の可能性に焦点を当て、持続性推進機構の安井至理事長、サイエンスライターの佐藤健太郎氏からそれぞれ講演をいただくほか、今年が元素周期律発見から150年であり、それを記念した国際周期表年であることから豊田理化学研究所の玉尾皓平所長に周期表にまつわる話題をいただきます。またイノベーション立国を謳うわが国にとっての化学を、産業界の立場から三菱ケミカルホールディングスの小林喜光取締役会長がその重要性や役割、使命について解説いただく予定で、多彩な講演を予定しています。
 フォーラムへのご参加は事前登録制です。参加ご希望の方は、当ホームページからお申し込みください。

■□■ プログラム ■□■

13:10-13:15 開会挨拶
       株式会社 化学工業日報社 代表取締役社長 織田島 修

13:15-14:00 講演Ⅰ
       「地球との共存を目指す化学」(仮)
           三菱ケミカルホールディングス取締役会長      小林 喜光 氏

14:00-14:45 講演Ⅱ
       《国際周期表年 記念講演》『「一家に1枚周期表」に込めた思い』
           豊田理化学研究所所長               玉尾 皓平 氏

14:45-15:00 休憩

15:00-15:45 講演Ⅲ
       「未来のための化学」
           持続性推進機構理事長               安井 至 氏

15:45-16:30 講演Ⅳ
       「世界を変えた化学物質」
           サイエンスライター               佐藤 健太郎 氏

16:30     閉会

 ※プログラムは予告なく変更される場合がございます。

■□■ 参加登録 ■□■

◆来場をご希望の方は、当ホームページ上より事前登録制となっております。
◆参加登録申込フォームより必要事項をご記入の上、送信してください。
◆参加登録受付が完了いたしますと、ご登録いただいたアドレスに受付確認メールをお送りいた
 します。
 ※当日は、参加登録受付確認メールをプリントアウトして受付にご提出ください。
 ※参加登録受付確認メールが届かない場合は、恐れ入りますが事務局までご連絡ください。

◆参加登録をいただいた個人情報は、厳重に管理いたします。
 ※今後、化学工業日報社主催の展示会・セミナー開催案内をご送付させていただきます。
 (ご案内を希望されない場合は、参加登録申込フォームの案内不要欄にチェックをしてくだ
  さい。)

 ⇒ 【参加登録申込フォーム】

※セキュリティ等の理由で、自動返信メールが受信できない場合があります。自動返信メールのドメイン名は“ @chemicaldaily.co.jp ”ですので、あらかじめ、メール設定のご変更をお奨めします。

【お問い合わせ先】

(株)化学工業日報社 企画部
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

「化学の日/化学週間」記念ケミカルフォーラム2019の最新記事もっと見る