サイエンス&テクノロジー社は書籍「インクジェットインクの最適化 千態万様」を2020年5月27日に発刊する。

本書は、大日本インキ化学工業(株)、キヤノン(株)で活躍し、現在もコンサルタントとして活動する野口弘道氏が3年の歳月をかけてまとめ上げた一冊。著者の研究データや公表文献・特許文献の考察を元にした近年の技術動向、IJ応用の現状に至るまでの内容を約900頁にわたって解説しており、IJ印刷を広く深く理解するのに役立つ書籍となっている。

第1部「インクジェット印刷の千体万様」では、IJ印刷が広い印刷対象と複数のインク形態を持ち、これらにより種々の特徴あるプリンタが生まれていることが理解できる。
第2部「トラブルの現象と解決」では、ヘッド・プリンタ設計者がインクを望むように動作させ、意図する画像形成を実現するためにインクとどのように向き合っているか、その思想を理解することができる。
第3部「画質・プロセス制御とインク技術」では水性インクの乾燥方法・材料および印刷の高速化とドット形成を支える界面活性剤技術が解説されている。
第4部「インクとプリンタの応用」では、近年の新しいプリンタ製品の事例とその中でインクが果たしている役割について、公表文献や関連発明文書の記載から考察。さらに今後の発展が予測される“IJ捺染”の応用動向に触れ、捺染インク・プリンタの技術・製品情報を知ることができる。最後に各工業印刷の分野でIJ印刷の応用開発を行っている企業の技術・製品紹介が掲載され、IJ印刷の拡がりの現状を理解することができる。

IJインクとその構成材料メーカ、印刷装置・ヘッドメーカ、印刷会社、IJ印刷のユーザ企業に至るまで、IJ製品分野に関わる全ての技術者に参考となる総合解説書となっている。

<目次抜粋>

第1部 インクジェット印刷の千態万様
第2部 トラブルの現象と解決
 第1章 ヘッドとインク
 第2章 インク物性とプリントシステムの最適化
 第3章 インク物性とピエゾ吐出に関する研究
第3部 画質・プロセス制御とインク技術
 第4章 印刷プロセスとプリント品質
 第5章 インク技術
第4部 インクとプリンタの応用
 第6章 プリンタ製品のインク技術
 第7章 捺染
 第8章 商業・工業インクジェット

<書籍情報>

「インクジェットインクの最適化 千態万様」
体裁:A4判上製本 約900頁
ISBN:978-4-86428-187-4

詳しくはこちら